『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

十三 B style について、および動画の話

GWも明け、本格的に暑くなってきましたね。
皆様、如何お過ごしでしょうか。

今日は以前から公開するか悩んでいた十三 B style についての話です。

十三 B style は他の B style キャラと異なり、幕末成分ではなく野球成分を増したおふざけキャラです。
(幕末の「B」ではなく、Baseballの「B」です (^^; )
そのため、ずっと公開をためらっており、阪神が優勝すれば記念に公開しようかと考えていたのですが、
今年の阪神は春先調子が良く、奇跡の9点差逆転などの劇的な展開もあったため、
私自身のテンションが上がっており、
優勝でなくても、交流戦前首位ターン、交流戦優勝、前半戦首位ターンなど、
なにかおめでたいことがあれば、お試しに公開してみようかなという気分になりつつあります。

というわけで、十三は旧仕様のままですので最新型の B style 仕様への変更と、
本格的な AIの作成に取りかかることにしました。
記念公開が出来ると良いなと思っていますが、果たしてどうなるか。



次に動画の話題です。



【MUGEN】春閣下12P前後 狂下位ランセレ!台パンの向こう側へ! Part138 後編

当ブログでも何度か取り上げた大会動画が終了しましたね。
私はいわゆる台パンランクが一番性にあってる気がしますね。
最後まで本当に楽しませて頂きました。

大変な長丁場の動画を、質を保ったままコンスタントなペースで完結されており、素晴らしいです。
本当にお疲れ様でした。
投稿者のポリポリ氏には良い動画をありがとうと言いたいです。
気が早いですが、次回の動画も楽しみです。




【MUGEN】金トキ前後狂中位級ランセレバトル【病人杯】OP

終わる動画があれば、始まる動画あり。
筺体シリーズでおなじみのリュウ氏の新動画が始まりました。

今回は前回の筺体2よりさらにランクが上がり、ガチの狂中位の動画です。
いわゆる台パン的な展開ではなく、MUGENならではの特性や能力の競い合いが楽しみの中心ですね。
私は以前は狂中位より上のランクにはあまり興味がなかったのですが、
この動画のリスペクト元でもある金ラオウ杯をきっかけとして、
狂中位にも興味を持つようになってきましたので、楽しみにしています。

その他にも皆さんのお勧めの動画などありましたら、またコメントなどで教えてほしいです。

それでは、また。

  1. 2017/05/11(木) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日は動画の話です

こんばんは、Ildanaf です。

皆様、如何お過ごしでしょうか。
人によってはもうGWの長期連休がスタートしている方もおられると思います。
私は数日出勤日はありますが、今年はそこそこ休みが取れました。

今日は特にキャラの更新とかはないのですが、動画についての話です。

まず、前回のブログで取り上げた動画「永久vs」が完結しましたね。
動画主の方はお疲れ様でした。
私の予想は海のリハク並の見事な節穴ぶりでしたが、最後まで楽しませて頂きました。
次回作も期待しております。

最後に一言感想を付け加えるとするなら、
「古参の鬼」の意地を見せられた気がします、お見事でした。
ガードからでも削りで勝ちきれるのは、アドバンテージとして大きかったですね。
よく考えたらヒットだけでなくガードからでも押し切れるのは、
調整とあいまって「いろんな状況から10割に持っていけるタイプ」のある意味究極系だったですね。





【MUGEN】春閣下12P前後 狂下位ランセレ!台パンの向こう側へ! Part131

次に衝撃(笑劇?)の展開になった動画内での出来事について、
質問がありましたので、ちょっと解説させていただきますね。
(一部ネタばれを含みますのでご注意ください。)

楓のバグ昇竜についての細かい仕様の説明ですが、
途中でキャンセルせずに相手の体力を倒しきるところまで減らすと、
強制DKOとなる特殊演出に進むことになるわけですが、
相手の残り体力がバグ昇竜の初段で削りきれる量しかない状態で出してしまうと、
当然のことながらキャンセル可能なタイミングが存在しませんので、
バグ昇竜成功率をコンフィグで100%にしていたとしても強制DKOになります。

まぁ、そんな残り体力の相手に出したほうが悪いということですね(苦笑

次に強化状態で昇竜を出せば自動でバグ昇竜になると思われている方もいますが、
バグ昇竜の使用方法は、
「強化状態でダッシュジャンプを仕込み、ダッシュジャンプ始動モーション中の地上判定時に強昇竜コマンドを完成させる」
というものですので、狙いに行かないと間違って出るようなものではありません。

そして、よく音声を聞いてみるとわかるのですが、
通常の昇竜と異なり、技の始動時に「僕の本気を」という台詞が早口で入ります。
勿論、動画内でもこれは確認可能ですので、間違いなくバグ昇竜を撃ちにいって自爆してます。
あと一撃の体力の相手に出したほうが悪いということですね(苦笑

一応補足すると、相手の体力が減るとバグ昇竜の使用確率が段階的に減るようになっていますので、
瀕死の相手に使うとなるとかなりの低確率にはなるのですが、
0にはなりませんので、ああいうことは起こり得るわけですね。
引きが悪いとはいえますが、出したほうが悪いということですね(苦笑

それにしても、otika氏の球磨川禊と楓はなんだか良く出会いますね。
以前に好きなキャラを列挙したときにも書きましたが、
球磨川先輩は凄く良く出来たキャラで個人的に好きなので、
縁があるのはそれはそれで嬉しいです・・・が、実際に出会って仲良くなれるかは微妙な感じの2人ですね(汗


最後に動画の決勝トーナメントのルールについて個人的な感想を。

「決勝のランセレルールだと選ばれ損だから不公平だ」、的な意見が動画内で散見されますが、
私的には特にそんな風には思いません。

ランセレ形式というのは、ランセレによる偏りと不公平を全員に均等に押し付けるルールですので、
選ばれる・選ばれないの結果が出る前の時点において、
ランセレのルーレットに全員が乗っている時点でそもそも条件としては公平といえます。

というか、むしろランセレというルールの面白さは、
その抽出の偏りに伴う、「選ばれ過ぎ」や「引きこもり過ぎ」という事象を皆で突っ込むことも面白さの一つであるので、
そこに突っ込むのはお約束みたいなものかなと思ったりしています。

確かに、長丁場であるならば偏りに対するなんらかの補正ルール(勝ち数によるボーナスなど)を組み込むことで、
公平感を少しでも出しておいた方が無難かとは思いますが、
短期決戦だと少々不公平でも全然ありかなーというのが個人的意見です。

むしろ、選ばれることに意味が全くないという無意味さこそが、
「選ばれ過ぎ」や「引きこもり過ぎ」という偏りの事象をよりクローズアップして、
強力なキャラ付けが生まれるので、それはそれで美味しいのかなーなんて思ってたりもします(笑

そもそも、この動画の場合は1P側がランダム要素の無い順番ですので、
両方完全ランダムのランセレよりずっと公平だと思いますしね。
という訳で、私は良いルールだと思いますよ。


なので私的には現行のルールで良いと思うのですが、
あえて公平感を少しプラスするように手を加えるとすればどんなプランがあるかと聞かれたなら、
ランダム選出される2P側が勝った時だけ小さなボーナスを与えるという感じでしょうか。
(順番に選ばれる1P側は勝ってもボーナスなしで。)

例えば、ランセレの2P側は勝ったら1ptボーナスがもらえるとかにすれば、
10Ptや5Ptのキリポイント勢は、もともとの負け猶予があまりポイントを持つものより少ない代わりに、
一度でもランセレに選ばれて勝てれば猶予が簡単に一つ増えますし、
敗者復活勢の5ptのキャラにとってみれば、1P側で回る順番が最後である分、
自分の順番が回るまでにランセレで選ばれるチャンスが多いので、
その間に1勝でも出来ていれば敗退猶予を一つ増やすことも出来るわけですし。
(もちろん、ランセレに選ばれていきなり負けたら即退場のリスク付ですけど。)

これなら公平感を少しプラスしつつ新たな展開も生める可能性があるかなと思います。

ただし、公平感があることが即素晴らしい動画とは思いません。
アスリートの競技会のようなものならもちろん出来うる限りの公平性を保つべきだとは思いますが、
MUGEN動画は基本エンターテイメントであると思いますので、
公平性のみを突き詰めるよりも、少々の(多すぎるのは駄目ですが)不公平感をスパイスにして、
話題性があるほうが面白いのかなと個人的には考えています。


あくまで一個人としての意見ですが、私はそんな風に思っています。
だからなんだといわれればそれまでですが、、、(・_・;)

個人的な蛇足が過ぎましたが、こちらの動画も再終盤に差し掛かりました。
毎回楽しませていただいております。
最後まで影ながら応援させて頂きますね。

それでは。

  1. 2017/04/30(日) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

B style キャラの設定についてと、最近嬉しかったこと

こんにちは、Ildanaf です。
先週末は凄い寒波で、京都市内でも珍しく一晩で10cmを超える雪が積もりました。
子供と庭で雪だるま作ったり出来たのですが、不慣れな雪なので移動は大変でした。

明日からまた大寒波のようです。
厳しい寒さは続きますので、皆さんも体調にお気をつけ下さい。


今日はちょっと質問があったので、お応えさせて頂きます。

まずは B style シリーズの設定項目についての話です。
昨年春に大きな更新があったため、多くの設定項目が追加されていますが、
目的の強さにするためにどのように設定したらいいかが分かり難いとのご指摘を頂きました。

実は更新時にブログの方で、目的のランクとそれに合わせた概ねの設定の仕方を書いているのですが、
キャラ付属のテキストには特に記載がなかったため、分かり難い状態になっていました。
これについては、ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

ですので、B style シリーズはブログ記事を転載するような形で、
設定の目安について記載したテキストを同梱するようにさせて頂きます。
あと更新ついでに B style キャラを微更新しようと思います。


近日中に公開予定としますので、暫くお待ちください。
(公開前に設定について知りたい方は、お手数ですが当ブログの検索をお願い致します。)

次にAIレベル12の使用についてです。
確かに AI12の使用は付属の文章にもあるようにあまりお勧めはしていません。
が、狂下位の上限より上のランクでのAI戦に関しては、必要に応じて積極的に使用していただいて結構です。
(ただし、人操作でAI12に挑むのは面白くないので、やはり基本的にお勧めしません。)

私のキャラは基本的に攻撃時にほとんど無敵がないので、
自分から積極的に牽制するスタイルだと、一方的に超反応で封殺される展開がどうしても多くなります。
それでも、狂下位までならどこかでワンチャン取れれば倒しきる連続技の火力があるので、
一方的に見える展開でもワンチャンつかむ可能性がありうるのですが、
狂中位クラスまで来るとバーストや抜けなど、なんらかの防御性能が搭載されていることが普通なため、
ワンチャン取れたとしても、ワンチャンスで終わることは難しいです。

結果、狂中位クラス相手だと何度かチャンスをつかむ必要が出てくるわけですが、
狂中位クラスのキャラだと隙の少ない小技の牽制ですら簡単に反撃から大ダメージを与えられるため、
無敵性能も防御性能も乏しい私のキャラでは、
自分から牽制をする展開だと、何度もチャンスをつかむことは難しくなることが多くなります。

そのため、出来るだけ隙を作らずに防御的に戦うことで、
複数回チャンスをつかむ可能性を少しでも増やすことが AI12の目的ですので、
狂中位クラスの場合はこれを採用したほうが、一方的なキャラ相性となることが少なくはなると思います。
(もっとも、ガチの狂中位より上には基本的に勝ち目がないのは変わりませんが。)


最後に、最近ちょっと嬉しかったことをひとつ。

以前にも名前を挙げて紹介したことのある動画の中で、
楓の一撃技の音楽が守矢と同じ「黎明の決意」になっていました。
これは多くの人がネタと思っておられましたが、実はネタではなく設定可能な隠し項目の一つなのです。
付属のテキストをよく読むと書いてあるのですが、
ちゃんと読んで使ってくれているのだなと思うと、嬉しくなりました。
本当に有難いですね。

折角なので宣伝させて頂きます。
これからも影ながら応援しておりますので、頑張ってください。



  1. 2017/01/23(月) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



旧年中はいろんな作者様の動画を楽しませて頂きありがとうございました。
既に終わったもの、現在佳境のものなど、いろいろありますが、
今年も楽しみな動画がいくつか既に予定されていると聞き、今から楽しみにしております。

また、動画を通して知った魅力的なキャラも沢山ありました。
見て、使って、楽しませてもらっております。

キャラや動画の作者の皆様、くれぐれも無理をせず、身体に気をつけて頑張ってくださいね!


さて前回の記事で、現状はそれなりに受け入れられているようなので、
新規キャラを年末ぐらいに一キャラ試しに公開してみようか、
的なことを書いていましたが、、、見事なまでにとっても無理でした!!(-_-;)

仕事が忙しかったり、私も子供も体調崩したりと、いろいろあってなんだがとっても作成モードになれませんでした。
新仕様への変更とAI作成だけなのですが、合間を見てやるにはどうしても時間が取れなくて。
言い訳ばかりで申し訳ありません。

もっとも、大して待ってる人がいるわけでもないでしょうから、気楽にいくつもりです。
時間がまとまって取れた時に頑張ってみようと思いますので、期待せずに気長にお待ちください。

あー、十三の B style だけはいつでもいけますけどね・・・阪神が勝てばですが( ゚Д゚;)
今年こそは!と、お祈りしつつ新年の挨拶に変えさせて頂きます。

皆様にとって素敵な一年でありますように。

2017年 元日


  1. 2017/01/01(日) 23:41:30|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

近況報告と私が好きなキャラについて

しばらく、ご無沙汰しておりました。

最近忙しくなって、放置気味になっていたというのもありますが、
一通りキャラを新仕様へ更新し、バグ取りも終わったので、やることがあまりないのが大きいですね^^;
キャラの更新が一段落し、新キャラも封印中とあり、特にブログに書くようなこともなかったわけです。

楓や小次郎の B style もそれなりに受け入れられているようですし、
嫌いな人は嫌いでしょうが、一定の評価をして頂けているようには思いますので、
未公開分のキャラもマスターとか B style だけ公開しても良いかなと最近は少し思いかけています。

未公開分のキャラは旧仕様のままですので、新仕様に直す必要もありますし、
なによりAIを作らないといけないので、まとまった時間が取れないと難しくはありますが、
年末ぐらいに、試しに1キャラぐらい公開しても良いかなとか考え中です。
まだ、どうなるかは分かりませんが。


近況報告的な話はこれぐらいにして、ここからは話題を変えていきます。

前回は最近見てる動画の話をしましたが、今回は好きなキャラについての話をしたいと思います。
好きなキャラはいっぱいいるのですが、私のキャラの主戦場である凶狂キャラに絞って、
特に好きなキャラについてお話ししたいと思います。


○特に思い入れのある古参キャラ

・マスターギース 制作者 キャノン娘 氏

いわずと知れた超有名キャラ。狂キャラの門番として誰からも認知されています。
正統派の格ゲーアッパーキャラとして、非常に完成されたキャラです。

特に一撃必殺技として搭載されているデッドリーレイブの演出や説得力は素晴らしく、
私にとって最高にお気に入りの技です。

実は私のマスターシリーズは、アーケードモードでプレイしていて、
マスターギースにほとんど勝てなかったことから生まれました。
私の操作でそこそこ安定してマスターギースに勝つために、
キャラの改変をしてみようというのが、キャラ製作に足を踏み込む動機だったのです。

私の強化改変シリーズにつけられているマスターの称号は、マスターギースを参考にまねたものです。
つまり、マスターギースはキャラ誕生の動機であり、名前の由来でもあります。
ある意味生みの親ともいえる存在なのです。

というわけで、私にとってとりわけ思い入れの強いキャラです。


・K' 制作者 葉桜 氏

同じくいわずと知れた超有名キャラで、狂下位の顔ともいえる存在です。
とにかくスタイリッシュ。
強くて、かっこよく、原作イメージを見事に体現した改変だと思います。

このキャラは、高性能の移動技から小技の差し込みや当て身などを決め、
そこからループや多ゲージを用いた高火力の連続技で仕留める戦闘スタイルです。
このスタイルは私の B style キャラと同じタイプのスタイルで、
ともにSNK格ゲー出身の、正統派格ゲーアッパーキャラでもあり、
ものすごく親近感を感じているキャラです。
私は、勝手に12Pの金グロK'を B style のライバル認定していますw

登場したのが B style シリーズの少し後ということもあり、
少しなりとも、私のキャラに参考にするところがあったとしたなら、
更に嬉しいですが、それは私の妄想でしかないです^^;


○比較的最近のキャラでお気に入りのキャラ

・荒ぶる大地の社 制作者 モジャック 氏
・狂紳士ルガール 製作者 ピヨ=ブラックバーン 氏


この2キャラはここ数年で公開されたキャラの中でとてもお気に入りです。
共通するのは、格ゲー出身の改変で、格ゲーっぽい立ち回りを残してあることと、
とにかく演出面が秀逸で格好良く、説得力があります。
技のエフェクトとか素晴らしくて、私も見習いたいです。
(私のキャラは基本月華のエフェクトや画像を使うことにしているので、
正直エフェクト面でのショボさがこれらのキャラと比べると本当に目立ちますね。)

また、私のキャラと違って狂中位より上のランクでも戦えるように作成されており、
MUGEN ならではの特殊な防御性能や、アーマーなどへの対策もきっちり組み込まれています。
負けどころも押さえながら、いろんなキャラに勝ち筋を持っており、
幅広いランクに対応できる狂キャラとしての完成度が高いです。

私はどうにもこの辺がちゃんとしてないので、教えを請いたいくらいです^^;
(本当のところは、意図的にそのランクを外しているのもあるのですが、苦手なのも事実です。)


今回は格ゲー出身の凶狂キャラから、新旧2キャラづつ挙げましたが、
他にも素晴らしいキャラや好きなキャラは沢山あります。
六雪氏の間桐桜なんかはオリドットとは思えないたまげる出来映えで、最も驚かされたキャラといえます。
非格ゲー出身でも、おやじ氏の陽蜂otika氏の球磨川禊などは、原作を活かしつつ本当に良く出来ていて好きです。
その他、今回は敢えてあげてませんが、強キャラクラスにも勿論好きなキャラは沢山います。

私は SNS とかをやっていないこともあり、
キャラ制作者間でコミュニケーションを持ったことはほぼありませんが、
こういう魅力的なキャラを作成されている作者の方と、
機会があれば一度キャラ製作についてお話をする機会があっても良いなと最近思うこともあります。
いろいろと勉強になることや、刺激を受けることがありそうですよね。

それでは、また。

  1. 2016/10/10(月) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ