『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

新しい動画の話

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

今日は新しい動画の話です。



【MUGEN】狂下位級!叩け筐体ランセレトーナメント2

幕末前後を開催されていたガラパート氏の新しい動画です。
前回に引き続き、狂下位下限付近のいわゆる「台パン」ランクの大会になります。

ルールも前回と同様の128名によるダブルエリミネーション方式のトーナメントによる予選と、
予選全勝組2名と1敗組12名による決勝トーナメント(全勝組2名はシード)です。

参加メンバーは門番2名のみ据え置きで、他は全て変更となっています。
私のキャラからは今回は鷲塚と守矢の B style が出場していました。
勝ち負け関係なく、良い試合を見せてくれることを期待したいものです。

今回も既に全試合撮影済みで、2日に1度の投稿をされるようですので、
約2ヶ月強で大会が終わる計算になりますね。
私の大好物のランクですし、今回も最後まで楽しみに視聴させて頂こうと思います。

それでは、また。

  1. 2018/01/13(土) 23:41:10|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【追悼】 星野仙一さん

【追悼】

2018年1月4日に星野仙一さんがお亡くなりになられました。
謹んで哀悼の意を表します。
どうか安らかにお眠りください。



星野さんには阪神監督時代にタイガースを大きく変えて頂き、
本当に良い夢を見させて頂きました。

鉄拳も辞さない熱血スタイルは、賛否の分かれる指導方針ではあり、
平凡な日常においては基本的に否ととらえられる事は仕方のないことではありますが、
選ばれたトップアスリートのみが極限の中で競い合うプロスポーツの世界は、
日常では計れない領域での闘いであり、
野生の魂を呼び起こし、闘う集団のメンタルを作り上げることも必要だったのかなと、
特に精神面での未熟さが目立った駄目虎時代からの脱却をみると、考えさせられたものです。

昨年12月の殿堂入りの式典の時には、
ご自身で指揮をされた「阪神と楽天での日本シリーズ」が見たいとおっしゃっておられました。
今年こそ優勝して、墓前に報告が出来ると何よりの供養になるのかなと勝手に思っています。

星野さんのためにも、今年は結果が出ることを祈っています。

  1. 2018/01/13(土) 23:38:23|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

年末の挨拶

いよいよ今年も終わりを迎えつつありますね。
皆様にとってどんな一年だったでしょうか。

私は仕事と子育てに追われまくりの一年でしたが、
そんな中でも十三 B style をきちんとした形で発表できたので良かったです。

特に十三の公開に当たっては、リュウ氏には紹介動画を作って頂き、本当に感激しました。
改めてお礼を述べさせて頂きます。誠に誠に有難うございましたm(_ _)m



皆様にとって、来年が素晴らしい一年であることを祈念しつつ、締めとさせて頂きます。
それでは、皆さん良いお年を!!!

  1. 2017/12/30(土) 22:03:07|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新しい動画と野球談義

こんにちは、Ildanafです。
いよいよ本格的に冬の足音が聞こえてきましたね。

今日は新しい動画の話から。



[MUGEN]弱設定凶者 星死守ランセレバトル! OP

この動画は宴シリーズで有名なブレイン氏の動画です。
凶ランクに定評のあるブレイン氏の動画ですので、ランクは凶中位~上位です。

ルールはシングルランセレで、2勝で勝ち抜け、2敗で敗退で、
ランセレに人がいなくなったら、勝ち抜けたキャラで再度同ルールで戦い、
これを繰り返して、勝ち抜けたキャラが20人以下になったら、
勝ち抜けを無くし、あとは最後の一人になるまで戦うというものです。
100キャラでこのルールなら、約250戦で終わるので、動画的には30part前後となりそうです。

まず、動画のOPの作り込みが素晴らしかったです。
ブレイン氏の過去作と比べても、その完成度は抜群だと思います。

そして、この動画で最も注目すべきは、キャラ選でしょう。
ランクは最初に書いたように凶中位~上位なのですが、キャラは狂キャラを調整して使用されています。
なので、私のキャラもマスター版ではなく、B style が出場しています。

今までありそうでなかったコンセプトで、まずそれが面白いなと思いました。
また、本来狂ランクのキャラを、凶最上位とかではなくに凶中位~上位にするため、
制作時に試したことがないような、かなり思い切った設定をされていますので、
私自身、自分のキャラがどのような戦いを展開するのかが楽しみです。

一応私のキャラで格ゲー的な考察をすると、
移動技の制限はないので、立ち回り面ではランク的にはかなり優秀なんじゃないかと思います。
火力面では、ゲージ自動回復がないので1回の連続技のリターンは少ないですが、
そこは立ち回りでの優位性と、3ラウンド目に溜まる可能性のある一撃でフォローできそうです。

切り返し面では、切り返しに使える無敵技が乏しいキャラですので、
弾きとガーキャンが封印だと、立ち回りで優位に立てない相手には常時押し込まれる展開になりやすいと思います。

崩しの面では、立ち下段やジャンプ下段、出の早いガー不技、設置技といったAI殺しの崩し技がなく、
弾きとガーキャンからの切り返しも出来ないので、
移動技に反応して隙を作ってくれるタイプ以外だと、崩しはほぼ投げに頼ることなりそうです。

十三だけは弾きやガーキャンも使えるので、切り返しや崩しの選択肢が豊富な分、
バッティング関係がお遊びAI設定のため、空振りなどで自ら隙をさらしたり自爆する形でバランスが取られています。

こうしてあらためて整理して考えてみると、
狂下位ランクは格ゲー的には、立ち回り、火力、切り返し、崩しなど各要素が高水準でないと到達できず、
それらの中からいくつかの要素を無くすと、特化型の凶ランクになるという事ですね。

私のキャラ以外のキャラも、どんな動きを見せてくれるのか楽しみです。
私は凶ランクも好きなので、盛り上がって欲しいなと思います。



最後は野球の話で。

日本シリーズが先日終わりましたね。
結果としては予想通りのソフトバンクの日本一ではありましたが、
初戦こそワンサイドゲームだったものの、後の試合は全て接戦で、
第6戦8回裏のDeNAの守備ミスがなければ、本当にどちらに転んでも不思議のないシリーズだったと思います。
良い試合を見せて頂いた両チームに拍手です。

しかし、DeNAは良いチームになってきましたね。
若いチームですが、打線の軸がしっかりしてますし、
ラミちゃんの采配も光るものがあるので、
もう少し先発陣がしっかりすれば、本当に優勝が狙える雰囲気が出てきましたね。

阪神の若手陣ももう一皮むければ・・・と思わされますが、
来年の奮起を信じて応援したいところです。


次にドラフトについて。
今年の目玉は間違いなく清宮選手で、その他安田選手や中村選手など高校生野手に注目が集まる一方で、
例年に比べて投手に目玉が少ない年だったと思います。

その中で清宮選手を狙いにいって外して、外れ一位で安田選手も外した中で、
数少ない即戦力クラスの投手である馬場投手が外れ外れ一位で取れたのは幸運だったと思います。

二位以下もバランス良く指名出来てますし、
四位の超快足外野手の島田選手のような飛び道具もいますので、
まずまず阪神的には良いドラフトだったのじゃないかなという印象です。

他の球団では、広島や日ハムはブレないですし、DeNAはうまく投手を一本釣りしましたね。
ただ、巨人の迷走ぶりは気にかかります・・・あの球団は小林捕手をどうしたいのでしょうか^^;

今年は十三の B style を公開したのもあって、野球の話題を積極的に取り上げていましたが、
当ブログは一応 MUGEN のブログなので、野球関係の話をしすぎだったかもしれません。
これからは野球ネタは減らしていこうかなと考え中です。
(語り合いたいという人がいるなら大歓迎ですが(笑))

それでは、また。

  1. 2017/11/06(月) 22:50:33|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

野球と動画の話

この週末は凄い台風でしたね。
皆様の地域は大丈夫だったでしょうか。

最初は野球の話から。

阪神はCSの1stステージで敗退となりました。
2戦目の泥んこ野球という謎ゲームで流れが変わってしまいましたが、
本来ならアレは試合をするべき状況ではなかったと思います。
(広島 vs DeNA の初戦はもっとマシな状況でも雨天コールドでしたしねぇ。)

とはいえ、あそこで引き分けやノーゲームにしてしまうと、
CSの規定から初戦を取っていた2位チームの阪神の勝ち抜けが決まってしまうため、
判断が難しかったのだろうとは思います。

天候のため最後はやや釈然としない結果にはなりましたが、
今年の阪神は、戦力的には2位で終えただけで上出来のシーズンですし、
藤浪選手に最終戦で少し復活の兆しが見えたので、来季こそと期待したいところです。

パリーグは圧巻のソフトバンクが順当勝ちでしたね。
セリーグは生憎の天気で順延を繰り返しているためまだ途中ではありますが、
今日とうとうDeNAが3連勝で下克上に大手をかけましたね。
広島とDeNAは非常に競った展開となっており、最後まで楽しみです。



それでは動画の話です。



【MUGEN】狂_100【OP&part1】

「金ラオウ」などを投稿されている有名投稿主のtusk氏の動画です。

「金ラオウ」は今更説明するまでもない人気動画ですが、
実は私がそれまであまり興味のなかった狂中位ランクの面白さに目覚めるきっかけであり、
私のキャラを本格的に狂中位でも戦えるように更新することにした動機となった動画です。

少し話がずれましたが、当動画は狂中位ランクの特殊ルールによるランセレバトルです。
(ルールは一口では説明しにくいですので、tusk氏のブログで確認されると分かりやすいと思います。)

tusk氏は作品ごとに新しい大会のルールを考えておられ、
またそれが良く練り込まれているため、
「金ラオウ方式」や「援軍システム」など、そのルールが他の方にどんどん採用されています。
本当に企画力がずば抜けている方だなと思います。

投稿時間やペースも一定を保っておられますし、素晴らしいの一言です。

今回の大会で動画投稿を最後にするかもしれない的な発言があったこともあり、
今後の動向が本当に気になるところですが、
まずはこの動画を最後まで見逃さずに視聴したいと思います。

それでは、また。

  1. 2017/10/23(月) 23:15:25|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ