『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

先入観というものの恐ろしさ (今日は雑記です)

今日は、ちょっとあまりにもmugenとは無関係なことについて語ってしまいます。
mugen 関係の話が読みたかった方は、すいませんが読み飛ばしてください。
(十三でバッティングの話を書いたので、
 それつながりといえなくも無いですが・・・それは流石に無理やりかなヽ(;´Д`)ノ)



つい先日、最新の関節のMRI診断の研究会に参加したときの出来事です。
提示された症例の画像に対して、演者の方が、
「これは先日引退された某有名野球選手の膝なのですが・・・、」
と、話を切り出されたわけですが、その時にふと気がつきました。

演者の先生の病院は神戸→オリックス・バッファローズ→最近引退した有名選手とくると、
ああ、これは球界の番長といわれた「K原」選手に違いない!と、ピンきたわけです。

そこで、その膝を改めてよく見てみたわけですが、これがなんとも酷い。
本来、関節というものは、各々の骨が滑らかに動くための軟骨に覆われているのですが、
その軟骨がかなり広範囲に磨り減ってほぼ存在しておらず、
そのなくなった軟骨を補うために、パッチワークのように軟骨移植が行われていました。
酷い状態だとは聞いていましたが、まさかこれほどだったとは・・・。

実は、私は偉大な選手であると尊敬はしていたのですが、
晩年の怪我のため満足に動けずに、痛い痛いとよく言っていた状態を、
ちょっと大げさなんじゃないのと、内心少しは思っていました。
でも、あの膝では確かに普通に立ったり座ったりするのでも、
全く痛み無しとはいかないレベルだと思いますし、全力で運動するのはかなりきつかったでしょう。
その中で、精一杯もがき苦み、それでも全力のプレイを見せようとしたという事実は、
改めて賞賛に値するなと、考えさせられました。

そもそも、あれほど元の軟骨が破壊されるということは、
とても厳しい運動と練習を繰り返してきた結果だというのも間違いないでしょう。
球界でも、いろんな方に尊敬され愛されているということは、
実力もさることながら、そのような努力や行動にきっと裏打ちされているのでしょうね。

なんで、こんな話を書いているかというと、
先入観というものが如何に恐ろしいものであるかを、感じたからです。

今回も、高給取りのプレイヤーが、いつも痛い痛いといってあまりプレイしていなかったという点から、
先入観として、ちょっとなーと微妙な気分を持っていたから、
結果的に実際がどうであるかはさておき、何大袈裟言ってるんだと、むしろ冷ややかに見ていたわけですが、
安易な決め付けや思い込みから、フィルターをかけてみることの恐ろしさを、
今回改めて再認識させられました。

日常でもこんなことは幾らでもあるんですよね。
先入観にとらわれることで、貴重な機会を逸したり、重要な事実を見落とすなんて事は。
人は感情の生き物ですし、どうしても感情に左右されるのはある程度は仕方の無いことだと思いますが、
たまに一歩下って、客観的に物事を考えてみると、いろいろと良い事があるかもしれませんね。
出来るだけそうあろうと心がけていた自分でも、今回のように先入観で偉大な選手を過少評価していたので、
本当に先入観を排除するということの難しさを実感しました。

最後に、無理やりmugen ネタで〆るとするなら、
先入観にとらわれてキャラを見たり、直感的なコメをするのではなく、
たまに一歩下って考え直したり、直感的に書き込もうとしたコメの意味を一度反芻してみると、
皆幸せになれる第一歩かもしれませんね。これが、なんとも難しいのですが・・・。

う~ん、相変わらずえらそうな文章ですね。
何様のつもりだと、気を悪くした方はすいませんが、ちょっと一言書きたかったので。

  1. 2009/02/03(火) 23:55:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<キャラの表現型について | ホーム | キャラ説明第七回 十三について(続編)>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/02/04(水) 22:14:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

先入観ですか・・・そう言う事って良くありますね。
それも差が大きければ大きい程心に残ったりしますね。
私もそういう事がある度に自分の未熟さを思い知らされます。
兎も角、自分も先入観というものに囚われない広い目線で過ごしたいものですね。
  1. 2009/02/04(水) 23:12:13 |
  2. URL |
  3. TAP #SFo5/nok
  4. [ 編集]

さすがIldanafさん、俺たちが言えないことを平然と言ってのける!そこにしびれる、あこがれるぅ~!
と、いうのはおいといて。
確かに先入観って怖いですね。
現在開催中の大規模大会二つでも、的外れというか、勘違いしてるコメの多いこと、多いこと…。
自分で使ってみれば、その先入観は誤りだということに気がつくんですがねえ。
それをしてる人がどれだけいるやら。
  1. 2009/02/05(木) 01:29:19 |
  2. URL |
  3. クーロン #-
  4. [ 編集]

文化系の研究では翻訳書ではなく原典を読んで自分の言葉で訳し、理解するようにと良く言われますね。
翻訳した時点で訳者の考えが入って少なからず別物になってしまうので。
まぁ自分は英語以外のを読め!と言われると無理ですがw

MUGENに当てはめたら・・・「百聞は一見に如かず」ですかね。
「聞」の部分が「見」で、「一見」が「使用」ということになりますが。
というか、先入観全体に対する警鐘がこの諺に表されてる気もしますね。
  1. 2009/02/05(木) 07:53:30 |
  2. URL |
  3. ギルダン #DGRzt1hQ
  4. [ 編集]

>TAPさん

何事も、重要だと感じることは日頃から心に留めておき、
上手くいかなかった時は、後から反芻し、
次には出来るように、半歩でもいいから進んでみる。
こういうことの繰り返しで、いつかは成功するんだと思います。
なんだか、またも偉そうな事かいてますね・・・自分もまだまだ実践できてないのに(-_-;)

そういえば、TAPさんブログを書いてらっしゃいますねw
この前訪問者の中に見つけたので、ちょっと覗かせてもらいました。
自作で鷲の人のAIをいじったりしていたみたいですが、ちょっとバグが出ていたみたいですね。
症状を教えてもらったら、なおし方のヒントを出せるかも?( ゚Д゚)

>クーロンさん

そんなにおだてても、何も出しませんよw

と、冗談はさておき、大規模な有名動画になれば成る程、
キャラのことをよく知らない人が多くなるので、
少し残念ではありますが、ある程度はしょうがないことなんでしょうね。
でも、自分で実際にさわってみて欲しいなと、感じている作者はきっと多いと思います。

>ギルダンさん

文科系は同じ言葉でも解釈という意味で完成や個人差がでるので、
特に一度は原著を見たほうがいいのでしょうね。

理系の場合は、日本語訳がおざなりすぎたり、
日本語は口語であるため論理的記述に向きにくいこともあり、
純粋に英語をそのまま読んだ方が楽なことも多いです。
(というか、日本語訳のないようなものも結構ありますしw)

そして、「百聞は一見に如かず」は、何事にも当てはまる永遠の真理だと思います。


最後に匿名の方へのお返事です。
まずは、合格おめでとう御座います。良かったですね!

自分のキャラやブログが、良い気分転換になったようで、それも嬉しいことです。
あと、自分はご指摘どうりの立場の人間ですので、
人に「そんな立場でMUGENするなよ」なんて間違ってもいえませんので、
そこは心配無用ですよ(゜▽゜*)

最後に真面目な話をすると、あなたがこれから進む道は簡単な道ではありません。
知識や能力だけでなく、仕事に高い責任とプライドを要求されることになるでしょう。
ですが、それに負けることなく、初心を忘れずに頑張って欲しいと思います。
応援していますよ。
  1. 2009/02/05(木) 23:59:49 |
  2. URL |
  3. Ildanaf #-
  4. [ 編集]

ブログへお立ち寄り頂き有難う御座います。
これからも頑張りたいと思います。
自作の鷲塚AIなんですが、自分っぽく動くのを作っていたんです。
私が良くやる事で、互いに間合いを測っている時に徐に走って行って投げる。
と言う行動を良くやるのですが、それが上手く再現できていなかったという・・・。
実は、単純にその行動自体全然書き込んでなかっただけなんですよwww
今某所で公開されてる煉を優先してるんで放置状態ですが、自分と戦うって言うロマンの為に完成させたいものですね。
お心遣い有難う御座います。
  1. 2009/02/06(金) 12:31:47 |
  2. URL |
  3. TAP #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>TAPさん

なるほど了解しました。
もし、困ったことがあったら気軽に相談してみてください。
  1. 2009/02/07(土) 00:05:30 |
  2. URL |
  3. Ildanaf #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/02/07(土) 13:16:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>匿名の方へ

そう言って貰えると自分としても嬉しい限りです。
これからも、頑張ってくださいね。
  1. 2009/02/08(日) 00:37:04 |
  2. URL |
  3. Ildanaf #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ildanaf.blog94.fc2.com/tb.php/75-82959231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)