『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

キャラ説明第五回 鷲塚について(続編)

それでは、前回に引き続き鷲塚の説明の続きを行います。

今まで基本的な動きについて説明してきましたが、
なんとなく気がついている人もいるかもしれませんが、
実は結構崩す手段に乏しいキャラなのです。

下段始動の連続技は2Cからのみしかなく、
2Cからまともな連続技に移行するためには、2C→4Aがつながる距離でないとダメなので、
比較的近い間合いでなければ、下段始動で連続技はつながりません。
また、中段技が乏しく、ジャンプ攻撃以外では、
狼牙の追加入力程度で、これはいきなりは使えないので、実質はジャンプ攻撃程度と思って良いでしょう。

ジャンプ攻撃に目を移すと、JAはほぼ空対空専門の技で、
JBはリーチはあるが出は遅いので、中段としてと言うより隙を突いたときの飛び込みがメインなので、
実質崩しに使うのはJCのみということになります。
という事で、中段も蹴り、下段も蹴りと、実は崩しに関しては武器を振らずに蹴る人だったりします。

鷲塚の攻撃力が生かせる間合いは、4Aや2Cが生きる接近戦からなのですが、
機動力があるほうではないという問題と、溜めキャラであることから、
接近するという行動と溜めを維持するというところに矛盾が生じやすく、
そういう点でも、使ってみると意外と使いにくかったりします。
そこでペースを握るために、ダッシュから下段でリーチがあり転倒させられる3Cをあて、
起き上がりに低空のJCと空かしの2Cの下段を迫ったりするのも有効です。

崩しという点では、剣質「力」ならガード不能斬りがあり、
鷲塚のガード不能斬りは、出の早さやリーチが優秀な部類で、
何より始動モーションで体を後ろに引くので、相手の攻撃を空かすこともでき。
時折混ぜていくと、有効な時もあります。
(もっとも、ちゃんと対応されたら、飛込みからフルコン食らうので、多様は厳禁ですが・・・。)

その他、飛び道具と対空という必殺技があるので、
なんちゃって飛ばして落とすは出来なくない事も無いです。
疾空殺(A)は出も早く隙も比較的少ないので、そのような戦い方をするならこちらを使う事になりますが、
それでも飛び道具を撃つのを読まれていれば、余裕で飛込みが間に合うレベルなので、
あまりお勧めできるほどのものではありません。
疾空殺(B)は二発玉が出るのですが、出が遅く隙もかなり大きいので、
疾空殺(A)が画面の2/3程度までしか飛ばないので、それより相手が離れている時に撃つくらいでしょう。
(MUGENなら、タッグという要素があるので、壁役がいれば疾空殺(B)は猛威を振るうこともあるので、
 一見強そうですが、タイマンだとかなり出番のない技です。)

あとは、全キャラに言えることですが、お互いの動きを読んで、
固められてる時に読んで弾き、固めの合間に暴れを読んで弾き、弾きを読んで弾きのミスに攻撃といった、
基本的な立ち回り能力が要求されるキャラです。

鷲塚は一発の威力はあるのですが、自分からガンガン動いてペースを作れる守矢や、
いざと言う時にコマ投げから大ダメージが与えられる楓などとは、
その辺が結構違うと言えますね。


鷲塚のお勧め剣質はやはり「力」でしょう。
それは、優秀な目押しがそろっているため、「技」と同等に小技の差込から連続技を始動でき、
かつ、小技から要の必殺技である狼牙や俊殺がいずれもつながるので、
高い攻撃力とゲージ効率を維持したまま、反撃や連続技は同様に始動できるのです。
また、単発の対空や飛び道具の威力も高く、ガード不能斬りの選択もあります。

「技」の最大のメリットである連殺斬が使えても、鷲塚には崩すための地上中段技がないので、
ガードを揺さぶる効果がそれほど期待できないので、
使いやすくはあるのですが、ポテンシャルとしては「技」は「力」には及ばないでしょう。

「極」は浪漫はありますが、安定感に乏しく、
自分からペースを握りにくい鷲塚では、やっぱり浪漫に終わりやすい印象ですねw

鷲塚に関しては大体、こんな感じですね。
使ってみると、意外と使くいと感じやすいキャラの筆頭だと思います。
見るのとやるのでは、だいぶ違うなーという印象をもたれるのではないでしょうか。



それではここからは、マスターに関して追記します。
なんと言っても虚空殺からの昇華で真狼牙がつながる点が大きく、
虚空殺がコマンド技でも出せるようになっているため、
コイツ相手に下手にジャンプすると、3ゲージあれば「虚空殺→真狼牙→最終狼牙」の極悪コンボで、
普通のキャラで6-7割程度もって行かれてしまいます。

また、本来崩しに弱い鷲塚にコマンド投げが装備され、
このコマンド投げから、虚空殺を追加入力で派生可能であるため、
「コマンド投げ→虚空殺→真狼牙→最終狼牙」の鬼畜連続技が可能であり、
攻撃面においてはかなり手の負えないキャラとなっています。

反面、判定面や無敵時間など、基本的な性能はほぼ通常版準拠なので、
マスターが相手するほどの強キャラ相手だと、いざ守勢に回るともろさを露呈しやすくなっています。
まだ、別項目にあげたタッグ考察でもあるように、
マスターでも無敵判定がないことや、狼牙の初段の判定の問題から、
タッグではマスターでも意外とその本来の能力が発揮できないことが多い印象です。


ただ・・・B style てめぇはダメだ(゚д゚)
というか、言うまでもないですがB style はもはや普通のキャラではありません。
超高性能でほぼ隙のないワープを持つことで、機動力の問題は完全に消滅し、
そして、攻撃中に無敵こそないものの、真狼牙の突進中にはアーマーがあり、
運送終了後の最後の連続突きのモーションには無敵があります。
その為、乱戦でもかなりの強さを発揮できるので、普通のマスターと比べても別物と言える性能です。
ただ、アーマーのあるキャラや、投げ無敵のあるキャラ、弾きの効かない相手などには相変わらずからっきしですw
そして、虚空殺などの無敵のなさや技のモーションの長さ、投げにスカりモーションがあることなど、
弱点も残していますので、慣れれば普通のキャラでも頑張れば勝てます。
(ちなみに私は通常版の鷲塚やCVSリュウでも、通常剣質相手なら勝てます。)
腕前に自身のある人は、是非頑張って攻略してみて欲しいです。

  1. 2008/11/11(火) 23:19:10|
  2. 月華キャラ説明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<十三の更新をしました | ホーム | キャラ説明第四回 鷲塚について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ildanaf.blog94.fc2.com/tb.php/42-54c4b50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)