『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

キャラ説明第三回 守矢について(続編)

本日は、キャラ説明第二回「御名方 守矢」についての続編です。
前回予告していたように、連続技についての説明をさせて頂きます。


守矢の連続技を大別すると、2ルートあると言えます。
一つ目は、連続入力式の月影(A)を絡めた高威力の連続技。
二つ目は、月影を絡めない連続技です。

この二つの決定的な違いは、月影(A)は大攻撃からしかキャンセルでつながらず、
月影以外の必殺技は、小攻撃からキャンセルでつながるという事にあります。
つまり、剣質「技」「極」に関しては、連殺斬がありますので、
ほとんどの場合において使用するのは、連殺斬のB斬りから月影へのルートを使用し、
「力」は牽制の小攻撃などから、月影以外の必殺技につなぐケースが多くなるということです。
「力」がB斬りから月影(A)を使用した連続技を使用するのは、ジャンプ攻撃後か弾き後が中心となるでしょう。
ちなみに、剣質「技」「極」に関して、月影(A)を使用しないルートと言うのは、
3Aで出る中段技「水無月」を連殺斬に組み込んだ時が中心になります。
(水無月ヒット後は、月影のみは連続技にならないので。)


では、一つ目の高威力連続技である、連続入力式の必殺技・月影(A)を組み込んだ連続技についてです。
(月影(B)はいかなる通常攻撃からもつながらないので、弾き後に直接決めるのが主な使い道です。)

前述のように、この月影(A)は弱攻撃からは連続技になりません。
剣質「技」と「極」に関しては連殺斬があるので狙う機会が多いですが、
「力」は飛び込み攻撃や弾き後が中心となりやすいです。
さらに言うと、月影は剣質によって技の性能が異なる必殺技であり、
3段入力式の月影(A)は「技」は地上で3回斬る技ですが、
「力」と「極」は2段目で浮かし、3段目は浮かした相手を飛び上がって斬る技になっています。
逆に4段入力式の月影(B)は「力」と「極」は地上で4回斬る技ですが、
「技」は3段目で浮かし、4段目は浮かした相手を飛び上がって斬る技になっています。
この浮かすルートの時は、画面端を絡めるとさらに連続技の手数を増やすことが可能になります。
また、月影は昇華対応技ですので、「力」と「極」なら昇華から十六夜月華を狙うことも出来るので、
火力という点では、月影を組み込んだ連続技が中心となります。

代表的なレシピを紹介します。
・B斬り or 連殺斬のB → (共通)月影(A)×3
              → (共通)月影(A)×2 → 新月 → (技・極)双月
              → (技)  月影(A)×2 → 朧(中段 or 下段)
              → (力・極)月影(A) → 昇華・十六夜月華
画面端限定
・B斬り or 連殺斬のB → (力・極)月影(A)×2 → 朧(上段) → 新月 or 朧

追加で説明すると、そのまま月影3発で威力は問題ないですし、安定もしますが、
2段目から新月に派生した方が、威力は上です。
そして、新月に関しては、その後に新月からの派生技である双月に移行しないのであれば、
新月裏を利用した方が、ダメージは上になります。

技の朧(中 or 下段)への派生に関しては、ダメージ的には新月には劣りますが、
間合い的に新月が届かない距離の時に使用します。
しかし、この朧への派生は、どちらかというと各剣質共通で、月影がガードされてしまった時の、
中下段の選択を迫るのが、最も有効な使い道であるように思います。

画面端限定の連続技に関しては、月影(A)の二段目が空中に浮くタイプである「力」と「極」専用で、
浮いた相手に朧上段を当ててから、さらに新月で追撃をするもので、
見た目的にも威力的にも優秀な連続技といえます。
ちなみに、月影(B)は「技」のみ3段目が同じように浮くタイプなので、同様の連続技が可能です。
(原作では、朧の連打キャンセルを利用したモーション短縮を使って、もっといろいろ出来るのですが、
 MUGENでは体格や、落下速度の問題などから、この朧関係の連続技は原作仕様にはできていません。
 これに関しては、申し訳ありませんが、ご了承ください。)

弱攻撃や水無月から直接必殺技をつなぐ連続技に関しては、
どの連続技もほぼ問題なくつながるので、特に説明する必要はないのですが、
十六夜月華に関していうと、4Aや水無月からはつながりますが、A斬りのみは繋がらないので注意です。

追加で、「力」と「極」に関しては、潜在奥義が使用可能なときは、
B(連殺斬のBも可)→乱れ雪月花、が可能ですので、威力や見た目的にも狙えるときは狙いたいです。
また、弾き後に関しては、「力」と「極」は極めて威力の高い月影(B)が唯一確定する状況なので、
月影(B)×4段→昇華・十六夜月華、という切り札があります。
その威力は、剣質「力」なら、通常の固さのキャラ相手に5割確定という凄まじいものです。

さらに、「技」と「極」に関しては、前述の歩月バグループを狙えますので、
「連殺斬(4A→A→A→B)→歩月バグ→」×αによる、極悪永久が何処からでも可能です・・・。
(難易度は高いですけどね。かなりタイミングがシビアなので、簡単ではないです。)


次に目押し関係の説明に移ります。
守矢は目押しが出来る種類は少ないですが、重要なものはそろっており、
4A→4A、2C→4Aの二種類が可能です。
4A→4Aは、特に剣質「力」のためにあるともいえ、
通常技で最速の発生を誇る4Aからの連続技の手数と威力を底上げできる貴重な目押しです。

そして、2C→4Aは全剣質にとって重要な目押しであり、
比較的発生の早い下段蹴りから、4Aに目押しでつなぐ下段始動の連続技が出来、
剣質「力」なら4Aから直接新月や十六夜月華を使用しますが、
「技」「極」ならば、4Aから連殺斬を使って、月影を含めた高威力の連続技を狙えます。
さらに、「技」「極」ならば、2C(下段)→4A→3A(中段)→朧(中段 or 下段)のように、
高速で中下段の選択を迫り続けることも可能なので、対戦相手としては全く気が抜けません。


以上のように、守矢は連続技の選択枝や、固め、中下段の揺さぶりを、備えているので、
使っていて楽しく、かつ強力なキャラと言えるでしょう。
是非一度、その華麗な立ち回りを体験して見て欲しいと思います。
・・・そして、コマンドミスによる暴発の多さに泣いてくださいw
きっと理論上最強の意味が体験できることでしょう(;´Д`)ヾ



最後にマスターについてですが、守矢のマスターは実は変更点自体は少ないです。
マスターの基本仕様である、HP1.2倍とジャンプ速度上昇、ゲージ自動増加以外では、
実は昇華関係とコマンド投げ以外は、通常版と何も変わらなかったりします。
(それぐらい、元からの守矢が優秀なのですけどね。)

と言うわけで全体的な立ち回りはほぼ通常版と同じで良いのですが、
優秀なコマンド投げが追加されていることが大きく、
投げ間合い自体は狭いですが、歩月で接近し、
コマンド投げ→新月→月読み、の連続技が狙えるので、中下段の揺さぶりに加えて投げによる崩しもあり、
さらに凶悪化しているといえます。

昇華は通常版で使える、月影 → 十六夜月華、に加えて、
新月 or 新月裏 or 双月 → 月読み、十六夜月華 → 乱れ雪月花、乱れ雪月花 → 月読み
の3種類が使用可能となっています。

このため、最大ゲージが溜まっている時は、
連殺斬→乱舞奥義→連殺斬→月影(A)→十六夜月華→乱れ雪月花→月読み
という、最大級の幕末連続技が使用可能となっています。
見た目的には美しいですが、その威力は並みのキャラは当然10割確定という、凶悪振りを誇ります。
マスターは本当に酷いですね(-_-;)

マスターは、用法容量を守って正しくお使いくださいm(__)m

  1. 2008/10/18(土) 23:58:53|
  2. 月華キャラ説明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AIに正解はあるのか? | ホーム | キャラ説明第二回 守矢について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ildanaf.blog94.fc2.com/tb.php/33-cbd79bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)