『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

キャラ説明第二回 守矢について

予告していたように、仕事が忙しくなり、思いっきりブログ更新に間が空いてしまいました。
これから、暫くはこんなペースになりそうな感じです。
ああ・・・時間が欲しいぜ><



それでは、本日はキャラ説明第二回「御名方 守矢」についてです。

彼は、月華の剣士のもう一人の主人公といえる存在であり、
同時に主人公の楓にとって最大のライバルでもあるという、
副主人公兼主人公のライバルという、ある意味ストーリー中の核ともいえる存在です。

没落士族の子であったが、剣の天賦の才を、先代青龍の概世に見込まれ引き取られます。
同じく、概世に引き取られた主人公楓とヒロイン雪にとっての義兄に当たります。

性格は寡黙で、物事を多く語らない。
というかその為に月華一幕では、概世の敵として楓と雪に追われていた。
本当に概世を殺したのは四神の一人、朱雀の嘉神慎之介だったのだが、
まだ幼い守矢は慎之介には全く歯が立たず、なんとか一太刀を入れることが出来ただけで、
嘉神に目の前で師匠であり義父である概世を殺されてしまう。
楓と雪は、慎之介が概世の殺害を追え、立ち去った後に到着し、
概世の死体の横で、血のついた刀(嘉神に一太刀浴びせたので)を持って立っていた守矢を見て、
概世を殺したのは守矢であるという誤解をする。
説明をすれば良いのに、その語らない性格と、嘉神に全く歯がたたず目の前で概世を殺された自分の不甲斐無さから、
黙ったまま、楓と雪の前から姿を消し、一人で嘉神を倒せる力を手に入れるため修行の旅に出た為、
誤解されたままになり、一幕当時は楓は本気で守矢が仇だと思っていたようだ。
(というか、流石にもう少ししゃべった方がいいと思うんですけどね、兄さんw)

彼のキャッチフレーズは「天才剣士」。
楓のように四神を継いだりしていないので、青龍とか朱雀とかそういう肩書きは無い。
彼を表す言葉は、シンプルに「天才」、この二文字に集約されるといっても寡言ではないだろう。


では、ゲーム内における性能や立ち回りについて説明します。

まずは守矢の基本性能についてですが、はっきり言って相当強いです。
使いこなすのは難しいですが、理論上の値で語るなら、月華キャラ最強といえるかもしれません。
その強さは以下の様な理由です。
1.安定した対空性能
2.優秀な中下段の揺さぶり
3.高性能なワープ技による間合いの制圧
と、強い理由が満載です。

内容を詳しく説明していきます。
1.は遠距離での対空やジャンプ防止のための牽制としての必殺技・朧(上段)、
優秀な地対空通常技の4B、空対空通常技のJA、
出の速さとめくりまで落とせる判定をかねそろえた必殺技・新月と、
対空に関しては使いこなせれば、ほぼ隙無しといえる優秀さです。

攻めに関しては、2.の中下段の揺さぶりが優秀で、
まず、居合い切りの朧で中下段の選択がかけれるほか、
3Aででる水無月はそこそこの出の早さの中段技であるだけでなく、
剣質が「技」や「極」なら連殺斬にこの水無月を組み込めるため、
連殺斬で中下段を迫り、ガードされても朧で中下段を迫り、
場合によっては、ワープで仕切りなおしたり、さらに攻めを継続したりと、自在な攻めを展開できます。
(ただし、剣質「力」のみは、連殺斬が使えないため、揺さぶる能力に関してはかなり劣ります。)

そして、守矢の強さを支える代名詞ともいえるのが、3.のワープ技・歩月です。
ワープ箇所は、背後の画面端、敵の目の前、敵の背後の3箇所から選択できます。
これは普通に使う分には、出掛けや終わり際の無敵もなく、モーションも大きいため、
あまり使えない技に分類されるのですが、
なんとこの歩月には凄まじいバグがあり、AC同時押しをすることで瞬間停止をします。
瞬間停止という表現は誇張ではなく、本当に「瞬間」でとまります。
しかも、この瞬間停止後は即自由に行動できるため、歩月バグを利用すると、
驚異的な立ち回りのアドバンテージを得ることが出来ます。

ちなみに、どれくらいこの歩月の瞬間停止が恐ろしいかというと、
近距離強斬り→歩月→瞬間停止→弱斬り、がつながる程のモーションの短さを誇ります。
そうです、もうお気づきの方も多いと思いますが、以前にも書いたことがありますが、
この歩月バグを利用すれば、剣質「技」と「極」は永久コンボが成立してしまいます。
連殺斬が使えれば、弱斬りが当たるということは、そのまま強斬りまでつながりますので、
「連殺斬(4A→A→A→B)→歩月」*α、が成立してしまうのです。
勿論、これはタイミング自体はシビアなので、死ぬまでミスせず決めるのは簡単ではありませんが、
やはり反則的であるのは間違いないので、大会では禁じ手になっていることが多いです。
(歩月バグ自体を禁止していることは少ないですが、ループ連続技に使用することが禁止となっています。)

性能的に弱点といえるのは飛び道具が無いことなのですが、
高性能なワープ技があるため、飛び道具がないことはそれほど問題ではないのです。
むしろ、最大の弱点はプレイヤーにあるといえます。
というか、コマンド暴発とコマンドミス、コレに尽きます。
彼のコマンドは受付が色々かぶっており、かなり慎重にやらないとしょっちゅう色々とミスしますw
また、操作も煩雑なものが多く、その辺も含めて月華の理論上最強の地位にいるといえるでしょう。


次に、立ち回りについてです。
守矢の立ち回りは、剣質によってかなり違ってきます。
剣質「技」は前述のワープ、連殺斬、各種必殺技を駆使した優秀な攻撃手段があるので、
かなりゴリ押しが可能です。
そしてある程度リードを奪えれば、そのまま攻めを継続しても良いですが、
場合によっては、その安定した対空性能や強力なワープ技を使い、
ダメージを抑えて逃げ切ることも可能です。

剣質「力」は自分から攻める能力はそれほど優秀ではありません。
これは連殺斬が使えないことが大きく、流れの中で崩すというのは得意ではありません。
しかし、ワープで間合いを制し、牽制や対空などで迎撃するという戦い方には、
その高い単発攻撃力が発揮され、向いているといえます。
また、弾きを決めた後の火力も驚異的なものがあるため、
カウンターを主体として、ここ一番の爆発力に期待するスタイルとなります。

剣質「極」は、「技」と同様の攻め方が可能ですが、
防御力の低さから、相討ちなどが非常にこたえるので、「技」ほど強引にゴリ押しをするにはリスクが高く、
また一度の操作ミスで危険に陥ってしまうため、かなりの慎重さを必要とします。
とはいえ、理論上でのみ語るならば、「技」を超える攻撃力と攻撃オプションを持ち、
ワープや迎撃性能を駆使することで、ダメージを食らわないように出来るため、
完璧に使えるならば最強の剣質といえるでしょう。(まさに理論上最強なのですけどね( ゚Д゚))



守矢に関して書き始めたら、長くなりすぎたので、二回に分けます。
次回は、守矢の連続技や、マスターについての説明をしていきます。
う~ん、何で楓よりこんなに書くことが多いんだ・・・楓(´Д⊂

  1. 2008/10/17(金) 23:31:43|
  2. 月華キャラ説明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<キャラ説明第三回 守矢について(続編) | ホーム | 今後の予定 & 爆笑した動画>>

コメント

(´・ω・`)カエデーン

しかしこの強さはトキに通ずるものがある気がする。
ループはともかく、立ち回りが大幅強化されるってのは大きいですね。
  1. 2008/10/17(金) 23:50:27 |
  2. URL |
  3. Ran #GCA3nAmE
  4. [ 編集]

>Ranさん

やはり、2D格ゲーにおいて、間合いを支配できると言うアドバンテージは凄いものがありますね。
しかも、トキの流舞や守矢の歩月バグは、崩しと連続技もかね揃えるという恐ろしい能力があるので、
これを無くした途端に、一気にキャラ性能が別物になってしまいます。

ああ、そういう意味でも本当にトキと共通するものがありますよね。
そして、両方「天才」ですしねw
  1. 2008/10/18(土) 00:41:06 |
  2. URL |
  3. Ildanaf #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ildanaf.blog94.fc2.com/tb.php/32-4a4ddc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)