『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

新しい動画の話

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

今日は新しい動画の話です。



【MUGEN】狂下位級!叩け筐体ランセレトーナメント2

幕末前後を開催されていたガラパート氏の新しい動画です。
前回に引き続き、狂下位下限付近のいわゆる「台パン」ランクの大会になります。

ルールも前回と同様の128名によるダブルエリミネーション方式のトーナメントによる予選と、
予選全勝組2名と1敗組12名による決勝トーナメント(全勝組2名はシード)です。

参加メンバーは門番2名のみ据え置きで、他は全て変更となっています。
私のキャラからは今回は鷲塚と守矢の B style が出場していました。
勝ち負け関係なく、良い試合を見せてくれることを期待したいものです。

今回も既に全試合撮影済みで、2日に1度の投稿をされるようですので、
約2ヶ月強で大会が終わる計算になりますね。
私の大好物のランクですし、今回も最後まで楽しみに視聴させて頂こうと思います。

それでは、また。

  1. 2018/01/13(土) 23:41:10|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【追悼】 星野仙一さん

【追悼】

2018年1月4日に星野仙一さんがお亡くなりになられました。
謹んで哀悼の意を表します。
どうか安らかにお眠りください。



星野さんには阪神監督時代にタイガースを大きく変えて頂き、
本当に良い夢を見させて頂きました。

鉄拳も辞さない熱血スタイルは、賛否の分かれる指導方針ではあり、
平凡な日常においては基本的に否ととらえられる事は仕方のないことではありますが、
選ばれたトップアスリートのみが極限の中で競い合うプロスポーツの世界は、
日常では計れない領域での闘いであり、
野生の魂を呼び起こし、闘う集団のメンタルを作り上げることも必要だったのかなと、
特に精神面での未熟さが目立った駄目虎時代からの脱却をみると、考えさせられたものです。

昨年12月の殿堂入りの式典の時には、
ご自身で指揮をされた「阪神と楽天での日本シリーズ」が見たいとおっしゃっておられました。
今年こそ優勝して、墓前に報告が出来ると何よりの供養になるのかなと勝手に思っています。

星野さんのためにも、今年は結果が出ることを祈っています。

  1. 2018/01/13(土) 23:38:23|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1