『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

十三 B style のバグ更新と動画の話

今年もお盆を迎え、夏本番です。
皆様、如何お過ごしでしょうか。

今日は十三の B style のバグ報告を頂きましたので、その更新です。
バグ修正のみですので、強さには変化はありません。

・プレイヤー操作時において、「やせガマン」使用中に「やせガマン」のコマンドを入力した時に、
「やせガマン」が終わらなくなることがあったため修正しました。


今のところ、その他には大きな問題はなさそうですが、
今後もお気づきのバグなどありましたら、お手数おかけ致しますが、ご報告頂けるととても嬉しいです。


さて、世間では夏の甲子園が始まり、連日熱戦が繰り広げられています。
夏の甲子園が始まったということは、阪神は恒例の死のロード中ということです。

今年はこのタイミングでよりにもよってエースのメッセンジャー投手が骨折で今季絶望となるなど、
非常に厳しい終盤戦が予想されますが、これからの正念場をなんとか乗り切りつつ、
十三のように豪快とはいかなくても、しぶとく粘ってCSでの下克上を目指してほしいものです。


今日は更新報告と暑中見舞い的な挨拶で終わらせても良かったのですが、
久々に動画の紹介でもしてみます。



【MUGEN】Aカイン前後 狂上位ランセレチームバトル OP

過去に「クソゲーvs核ゲー」などを投稿されているOPT氏の動画です。

動画内容は狂上位のチーム戦です。
しっかりと調整されているだけでなく、動画の最後には分かりやすい解説がついているなど、
とても丁寧な作りの動画です。

狂上位動画の入門にはもってこいの動画ですので、
狂上位に興味はあるけど、複雑でよく分からないから避けてるような人に特にお勧めです。




【MUGEN】スーパーSNK大戦 OP

陣取り式の特殊ルール大会に定評のあるじんさん氏の動画です。

この動画も陣取り式の大会で、ランクは強~凶下位が中心です。
特殊ルール大会で最も大変なルールの設定と運営ともにしっかりしており、
流石の手腕ですね。

やはり、このランクの特殊ルールの大会は面白いです。
今個人的に最も好きな動画の一つです。

格ゲー好きで、シミュレーションゲーム好きな人なんかは特に楽しめると思います。




凶&狂HIGE3P前後超乱闘カオスクレイジーランセレバトルOP

最後に紹介した動画は遊季・N・ナガレ氏の動画です。
最近終了した大会ですが、次回作への期待と動画主への応援も込めての紹介です。

この大会は凶最上位~狂下位下限クラスを中心とした大規模シングルランセレ大会です。
小さなミスはしばしば散見されるものの、堅実な内容で、
かなりのハイペースかつ安定したペースで完結しておられます。

制作者の遊季・N・ナガレ氏は、デビュー作からいきなり300キャラを超える大規模ランセレを開催され、
今作でデビューから2作続けて大規模ランセレ大会を凄いペースできちんと完結しておられます。
これは本当に素晴らしいことだと思います。

画質も問題なく、編集のスキルも着実に向上されており、
ワンチャンあればブレイクし、有力動画主に仲間入りされる可能性があると思っています。

ただ、人づてに聞いた話ですが、この大会終了後にHDDがクラッシュし多くのデータを消失されたようです。
データの復旧には時間も労力もかかりますし、大変だとは思いますが、
是非復活をはたして欲しいなと思っており、この場から応援させて頂きます。


時間の関係で、自分で全ての動画をチェックするのには限界がありますので、
皆さんのお勧めの動画とかありましたら、コメントとかで教えてもらえると嬉しいです。

それでは、また。

  1. 2017/08/14(月) 23:20:25|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十三 B style を更新しました (2017/8/2 追記)

こんにちは、Ildanaf です。
連日暑い日が続きますね。皆さんも体調にはお気をつけください。

リュウ氏に動画を作成頂いたおかげで、沢山のご意見を頂くことが出来ました。
改めて、リュウ氏にはお礼を言わせて頂きます。
誠に有り難うございました。

今回は動画でのコメントなどを参考に更新をさせて頂きました。

バグは今のところ特に報告はなく、基本的なところでは大きな問題はなさそうで良かったです。
今回更新したのは下記の3点です。

1.一撃技「さよナラ!ほうむラン!」の始動時の演出と性能の変更
2.特殊勝利後の勝利演出の追加
3.追加無敵2を設定した時に、三振で正常に自爆できないことがあるバグの修正



1.は一撃技が地味だというご意見が特に目立ったので、変更しました。

実は B style シリーズの一撃技は、今まで全キャラ始動モーションは地味なもので、
ヒットした場合にだけ長い一撃演出に移行する仕様になっていました。
これは一撃の発動演出が長いと演出を見てから安定でガードできますし、
かといって暗転前にガードしていなかったらガードできないようだとブッパが強くなりすぎるため、
このような仕様にしていました。

十三もこの例にもれず取り敢えずさくっとスイングしてしまって、
ヒットしたら専用の演出に移るという考えで、
この専用演出にダイヤモンド一周の勝利演出を含んで考えていましたので、
私的には十三の一撃技が特に地味だとは考えていませんでした。

しかしながら、「ごっツイ!ほうむラン!」やバックスクリーン3連発での勝利でも同様の特殊勝利演出に進むため、
特殊勝利演出部分を除いて考えると、確かに一撃技単独での演出部分は地味なものであることは否めません。

ただ、ホームラン自体は短く豪快にかっ飛ばしたいので、
十三については例外的に発動前にホームラン予告を決める演出を追加することにしました。
演出は暗転とともにチャンステーマ(2種類のタイガースのチャンステーマがランダムで流れます)が始まり、
ホームラン予告のポーズを決めた後、スイングの構えモーションに入ります。


このホームラン予告のモーションは今回新規ドットで作成しています。
というのも、十三が棍棒を持つ手は片手の場合は後ろ側の手で、スイング時は両手持ちのため、
前側の手一本で棍棒を持つモーションが一切存在せず、既存のドットではホームラン予告が不可能だったので。

また、発動前演出追加に伴い、そのままでは連続技専用でしか使えなくなるかなと思い、
ボタン押しっぱなしでバッティングの構えモーションのまま止まり、離すとスイングするようにしました。
ブッパした時はこれでタイミングをずらして、構えモーションを潰しに攻撃してきたところをかっ飛ばしてください。
「ぶんナゲ」後の追撃なども早めにコマンドを入力して、ボタンホールドしつつ構えて待って、
落ちてきたタイミングに合わせて離して打つ方が、タイミングがとりやすくて簡単です。

ちなみにですが、始動演出で流れるチャンステーマはスイングをヒットか空振りするか、
構えモーション中に攻撃を食らった時に停止します。
そのため、普通に即スイングすればチャンステーマのさわりだけしか聞くことは出来ませんが、
ボタンホールドで構えモーションを持続させれば、
攻撃を食らうまでチャンステーマを流すことが出来るという小ネタがあります。



2.は特殊勝利演出のダイヤモンド一周は長いのに、パターンが1つしかなかったことと、
いろんな六甲おろしが聞きたいという意見が多かったので、追加しました。

六甲おろしのバリエーションは、1/3は普通の六甲おろしですが、
それぞれ1/6の確率でオマリー版の1番(日本語版)、2番(英語版)、西川貴教版、矢井田瞳版の4種が流れます。


ダイヤモンド一周時の十三がでか過ぎるというご指摘が目立ちましたので、ランニング時のサイズを小さくしました。
その他、ホームランした相手がスタンドに着弾するシーンが欲しいとのご意見もあったので、これも追加しました。

3.は追加無敵2を設定した状態で背面から連続技を決めている最中に空振り三振をした時、
無敵設定とかちあってうまく自爆が出来ていなかったため修正を行いました。


引き続きご意見やバグ報告などありましたら、コメント頂けると嬉しいです。
今後とも宜しくお願いします。

P.S.
十三のカウントボードですが、もし野球キャラを作成する時に使用したいと思われた方は、
ご自由にご利用ください。(そんな人はあまりいないでしょうが・・・^^;)

  1. 2017/08/02(水) 11:10:31|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4