『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

マスター楓と楓 B style を更新しました

こんばんは、Ildanaf です。

ご意見をうけて、マスター楓と楓 B style を更新し、空投げの雷霆改から強空牙での追撃を不可能としました。
これにより、(一刀・雷霆改>強空牙)×n というお手軽永久は使用できなくなります。
尚、弱空牙での追撃に関しては雷霆改に継げず永久に関与しませんので、今まで通り可能です。

コメントにも書きましたようにAIはもとから使用させないようにしてありますので、AI戦に関しては変化ありません。

←ご入用の方は「私のキャラの公開場所」をクリックしていただいた先の yahoo Box にて更新お願いします。

ちなみに、小ネタではありますが、雷霆改の追撃には、登り斜め前ジャンプ即の雷霆改で追撃する事も可能です。
ただ、これは入力がとても難しい上に一回のダメージも少ないので、これで永久するのはかなりの苦行です。
これは残してはありますので、入力に自身のある方はお試し下さい。


この1週間で、バグは特になく、マイナーな仕様変更のみ行いましたが、だいたいこれで一段落かなと思います。
リリースからさまざまなご意見やご要望を頂き有難うございました。ご協力感謝いたします。

これで楓は大きなバグでも見つからない限りは基本的に更新は終了とし、
次の公開予定のB styleキャラのAI作成に取り掛かることにします。
大体、予想されてるとは思いますが、次の公開は小次郎 B style の予定です。
合間をぬっての作成ですので、しばらくかかるとは思いますが、
多分2週間以内にはリリースできるかなと思います。

また、公開いたしましたら、宜しくお願い致します。

  1. 2015/10/24(土) 23:22:47|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

楓 B style の更新

こんばんは、Ildanaf です。

頂いたご意見や情報を元に楓 B style の更新を行いました。
ご協力頂いた方には感謝します、有難うございました。

今回の更新の変更点は下記の3点になります。

1.AIが成功率100%でも稀に真龍剣の解除ができない事があることへの対応
2.地対空の弾き成功後に真龍剣を狙うコンボルートの追加
3.「開放」状態の自動体力減少速度の増加

1.はコメントにも書きましたが、自分で遊んでいる時には解除失敗からの自爆は、
ネタとして扱っていることもあり、あまり気にしていませんでしたが、
AI戦で封印したいと思った時に意図せず出てしまうのは、やっぱり設定した方の意に添えていないのは間違いないですので、
解除条件を緩和し、ほぼ確実に封印できるようにしました。
(ただし、相手の防御力が極端に低い場合には、稀に解除できない可能性もあります。)
結果的に人操作で遊んでいるときの解除も幾分やり易くなっています。

ただ、真龍剣の使用時の相手の体力が元から瀕死で、解除可能な条件以下の体力で真龍剣を使用した場合に関しては、
それは自業自得ということで、強制的にDKOいきになりますΨ(`▽´)Ψ

2.は守矢や鷲塚と比べて、地対空の弾き後の立ち回りが貧弱であったこともあり、追加することにしました。

3.は相手が逃げ回ることないAI戦においては、ライフ減少のペナルティがやさし過ぎると判断し、
自動ライフ減少速度を約1.7倍にすることにしました。
(裏モードにおける急速ライフ低下時の減少速度に関しては、デフォは以前と同じです。)

←のリンクの「私のキャラの公開場所」をクリックしていただいた先の yahoo Box にて更新宜しくお願いします。

  1. 2015/10/20(火) 23:57:50|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

楓 B style を公開することにします

こんにちは、Ildanaf です。
紆余曲折をえましたが、一部の B style キャラのみ公開することにしました。

まずは要望の多かった「楓 B style」から公開することにさせていただきます
下記がキャラの詳細になります。


Ⅰ.概要

キャラコンセプトは、鷲塚は「誠の志士」、守矢は「耽美な天才剣士」という感じでしたが、
楓は「二枚目だけどドジって突っ込まれる三枚目な役回り、だけど決めるところは決める」、みたいな感じです。
(なんだかよく分からないコンセプトですが、キャラをさわれば「ああ~」ってなると思います。)

キャラ性能的には、楓の移動技の束風は、一定距離を無敵で進むだけなので、
鷲塚や守矢の様に敵の前・後、背後の画面端を選択できず、動作時間も守矢のように短くないため、
守矢や鷲塚のような移動技でかく乱して戦うスタイルは難しく、
結果的に立ち回り能力は一番低いです。

その代わりに龍ゲージを用いた独自のくらい抜け技や、
入力を失敗すると自分も死ぬという高いリスクがあるかわりにノーゲージで即死させられる強力な隠し技を持つなど、
強力な一発も持っています。
ただ、くらい抜けをしたりするのも、まずは攻撃を当てて画数を貯めないことには始まらないので、
立ち回りの能力の低さもあいまって、ターンを取れずに終わることもままあります。

結果的に、総合的な強さはデフォ設定だと鷲塚と守矢よりちょっと強いくらいかなと思います。
ただ、後述するようにいじれる設定項目が多いので、設定次第では強くも弱くもなる感じです。
キャラとしての上限と下限の幅が鷲塚や守矢と違いかなり広いので、いろいろ試してみて下さい。

※一撃技について

私のB styleキャラに搭載している文字の画数を貯めて放つ一撃技は、単純に大ダメージを与えるだけの技です。
私が普段遊ぶ状況では、これも充分に一撃技と読んでいいと思ってはいるのですが、
MUGENの世界では特殊な設定で強制的に即死させるような技と、大ダメージを与える技は区別されているようです。

ただ、私は特殊な即死技術などには疎いことや、
そもそもそうでないと倒せないようなキャラ相手にプレイすることは基本的にないので、
単純な大ダメージ技のままになっています。

鷲塚や守矢に関しては、(笑)氏という方が一撃技の強化を設定できるようなパッチを作って頂いていますので、
そのようなパッチをまた誰かが作って頂ければいいのですが、そうでなければこのままです^^;
その辺の技術にはどうにも未熟なので、申し訳ありません。

<追記>
kinomiya氏が早くも一撃強化パッチを作成し、公開していただいております。
ご入用の方は氏のブログからダウンロードください。


Ⅱ.マスターからの変更点

他のBスタ同様にマスター版を基に作成してありますが、
楓は追加変更ポイントがかなり多いです。
下記に列記していきます。

1.基本防御力の増加
2.移動技「束風」が出始めから終了まで完全無敵
3.龍ゲージ追加
4.龍ゲージ満タンで最終奥義「青龍」使用可能
5.空中投必殺技「雷霆・空」からの追加技に「乱舞奥義」が使用可能に
6.「開放」状態と「停止」状態の切替が行え、それにあわせた専用の技が追加

1~4に関しては、特に説明がなくても分かると思いますが、
Bスタの基本仕様である、マスターからの防御力上昇と高性能移動技、文字ゲージと画数ためによる一撃技の追加です。
ちなみに、楓の文字は「龍」ですが、画数が17と多いので、ところどころまとめて2画分書くようにして、
結果的に鷲塚や守矢とおなじく13画で貯まるようにしてあります。

5は、剣質「技」だけ空投げからの昇華ができず、火力的に明らかに厳しいので、それに対する救済措置です。
これに伴い、乱舞奥義によるお手玉的なものも解禁していますので、技でもかなり強くなっています。
また、ゲージ次第では画数0から、一気に全画ためて一撃技につなぐ事も可能になっており、
直接のダメージ的には少なめですが、画数をためる能力は隠し剣質をのぞけば技が一番高いと思います。
(一気に全画貯めるコンボの使用の有無に関しては、スイッチ式にしてあります。)

6は楓Bスタの独自の特徴になります。キャラの肝になる部分なので、下記にて詳しく説明します。


Ⅲ.「開放」、「停止」、「爆発」について

概要を説明すると、専用の開放技「龍力開放」を使用すると「開放」状態となります。
「開放」状態となると、龍ゲージに帯電エフェクトが付き、「開放」状態であることが分かるようになっています。
下記の画像を参照ください。(左:通常時 右:開放時)

龍ゲージ(左:通常時 右:開放時)


「開放」状態から通常の「停止」状態に戻すには、専用の停止技「龍力停止」を使用するか、
「龍力爆発」というくらい抜けを行う技を使用することで、「開放」状態から「停止」状態に戻ります。

「停止」状態から「開放」状態になることで下記のような能力が付与されます。
・「龍」の画数ゲージを消費して行う「爆発」(くらい抜け)が使用可能になる。
・常時HPが減少するようになる。(ただし、自動減少では死なずにライフ1は残る。)
・レバー前キックの「6+X」がヒット時のみダッシュでキャンセル可能になる。
・「蒼龍」が自動で潜在版に変化する。
・隠し技「真龍剣」の使用が可能になる。

要するに、自動体力減少のデメリットを負う替わりに、くらい抜けと隠し技の追加がされるという事です。

まず、最大の特徴である「爆発」による抜けについて詳しく説明していきます。
くらい中もしくはくらう直前に「A+B+X」を押すと発動します。
ただし、MUGENの仕様からステートを奪われてる間はコマンド入力が受け付けられないため、
ステートを奪う技からはくらっている最中にボタンを入力しても抜けられません。
ステートを奪う技から抜けるには、くらう直前にボタンを予め入力しておけば、くらうと同時に抜けることは出来ます。
操作感覚としては、やられそうだなと予想したら、くらう直前に先読みして先行入力しておく感じで使用するといいと思います。
(ステートが奪われてる最中に、自分のコマンドを参照する良い方法ってなにかあるのでしょうか?
もし、知識のある方がおられたら、ご教授頂けると嬉しいですm(_ _)m )

「爆発」は1ラウンドごとの使用回数に上限があり(デフォは2回)、
かつ定められた龍ゲージの画数(デフォは3画)を消費する必要があります。
画数が貯まっていないと使えないため、最低限ある程度の攻撃を当てて画数を貯めておく必要があり、
試合開始時や一撃技の使用直後などは、基本的に使用することが出来ないということです。

また、一度「爆発」すると「開放」状態から「停止」状態に戻るため、
再度「開放」状態になる技を使用しないと、画数がいくら貯まっていても連続で「爆発」することは出来ません。
開放技「龍力開放」は少ないとはいえ、技の後半に10フレーム程度の隙があるため、
攻められている最中に使うことが難しいこともあり、再度「開放」状態になるためには「開放」できる隙を見つける必要もあります。

これらの制限があるため、基本的には連発できるようなものではないので、
使いどころをうまく考えていく必要があります。

ただし、上に「基本的には無理」とあえて書いたのは、スイッチで1ラウンドの使用回数や龍ゲージの消費量が設定可能にしてあるため、
設定次第では、「使用回数上限なし」や「龍ゲージ消費なし」にもできるので、
そうなると使いたい放題になり、格ゲーとしてどうなのよってことにもなってしまいます。
その分調整次第でいろんな相手と戦えるともいえますが、調整にはご注意ください。
※尚、「使用回数上限なし」と「龍ゲージ消費なし」を同時に設定した場合はキャラが特殊な裏モードになります。
※裏モードについては、下の方に別記してありますので参照下さい。

あと、「停止」状態に戻す「龍力停止」という技は、
AI戦では、「開放」状態になったのをみて付き合わずに相手が逃げ回り始めるというようなことはおきないため、
自動体力減少のデメリットを「爆発」で抜けられるメリットが上回るため、ほぼ意味がありません。

ただ、対人戦での場合だと、「開放」状態になったら付き合わずに逃げ回るという状況も起きやすく、
こうなると時間とともに体力が失われるだけになるので、相手が逃げ回り始めたと判断すると、
「龍力停止」を使って自分で「開放」状態を解除する判断が必要になるケースも出てきます。

また、「龍力停止」を行うと0.5本分ほどのゲージを貯めることも出来るので、
開放と停止を行う事でゲージを高速で貯めることも出来なくはないです。
ただし、開放のモーションの後半に10F程度の隙がありますし、停止モーションは60F弱のモーション全てが隙のため、
ゲージ貯めのために停止を使用すること自体にリスクを伴いますので、
相手が逃げにまわって攻撃しないと判断したタイミングに行うと良いでしょう。
(要するに対人戦でのモード変更に伴う読み合いの要素になっています。)


Ⅳ.真龍剣について

真龍剣は「開放」状態でのみ使える隠し必殺技です。
「開放」状態で、ダッシュ中のジャンプ入力で出る大ジャンプ始動時の地上判定である瞬間に、
「強空牙」コマンドを完成させると出すことが出来ます。

つまり、ダッシュ中に空牙コマンドを仕込み、斜め上と同時にBを押して出すとでます。
ただ、ダッシュモーションはニュートラルや後要素の入力が入るとダッシュ停止モーションに移行してしまうため、
正確に「6→6→3→2→3→6→9+B」と入力する必要があり、
Bボタンも少し早いだけで通常の空牙が出ますし、少しでも遅いと昇りジャンプ斬りに化けます。
このため入力難度が高めの技となっています。

成功すると、悪名高きAC北斗のバグ昇竜のような技が出ます。
放っておくとエンドレスに空牙を繰り返し、上昇し続けます。

ちなみに、AC北斗でこの技で相手をKOした場合には、筺体をKOしてしまう禁断の魔技だったわけですが、
この技の場合は、筺体はKOしないですが、少々の茶番とともに強制的に楓もKOされてしまい、
強制ダブルKOが発生するようになっています^^;

そのため、自分でバグ昇竜を解除する必要があるわけですが、
楓の場合はブーストボタンがないので、兜割か雷霆・空の追加入力を行うことで解除できます。
当初はいつでも解除できるようにしていたのですが、
使う側のリスクやスリル、何よりネタ成分として解除失敗してダブルKOになることの美味しさもあり、
相手があと1-2hitで死ぬ瀕死時にしか解除できないようにしてあります。
このため、解除自体の難度もあがっているので、ワンチャンミスるとダブルKOが出まくりますΨ(`▽´)Ψ

もっとも、AIなら手加減しなければ必ずミスらずに決められるため、
確定時にはいつでも即死させることが出来る強力すぎる技なので、
スイッチによって、真龍剣自体の使用確率や解除の成功率を個別に設定できるようにしてあります。
お好みにあわせて設定してください。
(本来は遊びで入れたネタ技なこともあり、デフォでは解除成功率が40%と低く設定しています。)

ちなみに、確定で真龍剣を決めやすいポイントは下記の3つかなと思います。
1.嵐討の後の追撃
2.近距離でB→ヒット後即キャンセル「龍力開放」→6+X→ダッシュキャンセル→画面端からの跳ね返りに追撃
3.乱舞奥義で打ち上げた後


Ⅵ.最終奥義「青龍」の演出関係について

これは、当時入れ込んで作っていたため、今改めてみると演出が長いし恥ずかしいです(⊃ω⊂)
たまに見る分には良いのですが、AI作成時にはいろんなテストを繰り返す必要があるので、
何度も何度も見ているうちに、「短縮できたほうがいいかな。。。」と思うにあたり、
演出を半分程度の時間に簡略化することが出来るスイッチを入れておきました。

折角作った演出なので、最初は取りあえず全部見て欲しいとは思いますが、
飽きたら短縮してください(-_-;)

あと、最終奥義の音楽はもともとは守矢と同じく「黎明の決意」にしていたのですが、
結構お気に入りの澤野弘之さんのベストサントラを買った時に入っていた「DORAGON RISES」という曲が、
題名といい曲調といい良い感じだったので、これにしてあります。

もともと「黎明の決意」にしてあったこともあり、「黎明の決意」にも変えられますので、
変え方を書いておきます。

[State 36000,2]
type = PlaySnd
trigger1 = var(52) = 0
trigger1 = time = 200
value = 35000,1
loop = 1

という記述を検索してもらって、この「value = 35000,1」を「value = 35000,0」に変えてもらうと曲が変えられます。
好きなほうを流してください^^


Ⅶ.スイッチ類の種類と場所

上にも書きましたが、楓 B style には各種設定を行うスイッチ類があります。

「M_kaede_Bstyle.cns」内の一番下のほうにまとめてあるスイッチ類では下記のものが設定可能です。
・ゲージ自動回復の有無
・爆発使用時の画数消費量
・1ラウンドに使用可能な爆発の使用回数
・AIが爆発を使ってくらい抜けを行う確率
・真龍剣の使用率
・真龍剣の解除成功率
・乱舞奥義のループ制限(これを解除するとゲージ次第で1コンで全画貯めて一撃まで継ぎます)
・最終奥義「青龍」の演出短縮の有無

「AI.cns」内の一番上の方では下記のものが設定可能です。
・AIレベル
・弾き率
・空中連殺斬ループ確率
・空中連殺斬ループ回数

いろいろ用途に合わせて設定して遊んでもらえればと思います。


Ⅷ.裏モードについて

最後に上でチラッと書いた裏モードについて説明します。

「爆発」の条件を、「使用回数上限なし」と「龍ゲージ消費なし」を同時に設定した場合は、
ただ無制限に抜けられるようになるだけでなく、特殊な裏モード設定になります。
(両方とも設定した場合で、片方のみ消費なしや無制限とした場合は、通常モードです。)

裏モードでは以下のような変化があります。
1.「開放」を行うモーションが完全無敵になり潰されなくなる。
2.「爆発」して抜けた時に、非開放状態に戻らずに開放状態が持続する。(停止コマンドを入力することで非開放状態に戻ることは可能。)
3.「開放」状態での体力自動減少が大幅増加かつ、自動減少でも死亡するようになる。

つまり、具体的に言えば相手の攻撃は抜けたい放題なので、相手からのダメージは受けない代わりに、
体力が高速で低下し、自動減少で比較的短時間で勝手に死亡するようになります。、
結果、自動減少で自分が死ぬまでに、相手を倒せるかどうかの勝負になります。(時間にして30秒で勝手に死にます。)
最終奥義の演出中だろうが関係なく減少し続けるので、長い演出があだになり、演出中に自爆なんてことも良くおきます(´・ω・`)

対人戦だと、逃げ回るだけで勝手に死ぬので、相手は逃げに徹するので、逃げ回る相手を如何に捕まえるかを競う感じなのですが、
AI戦だと、モードを見て逃げ回ろうとか判断できないので、多分にAI殺しとなりうるモードではあります。
完全に別ゲームになるので、使用する時はご注意ください。

一応、スイッチ類のすぐ上にある記述のうち
[state -3, life down]
type = lifeadd
triggerall = life > 0
triggerall = roundstate=2
triggerall = timemod = 5,1
triggerall = var(34) >= 1
trigger1 = var(36) <= 0
trigger1 = var(37) < 0
value = -4
kill = 1
の、value = -4 のところを大きな値にすると、より早く自動で死ぬようになるので、
それでバランスを取れないこともないです。
目安として、-3なら33.3秒、-4なら25秒、-5なら20秒、-6なら16.6秒、-8なら12.5秒で自動で死にます。
(木偶相手でも10秒は倒すのにかかるので、現実的には-6以下はネタ以外ではあまり設定しないとは思いますが。)


  1. 2015/10/17(土) 00:00:00|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8