『月華』 ~ ある無限製作者の奔放な庭園

はじめにご一読ください(新しい B style キャラの公開と旧キャラの更新について)

こんにちは、Ildanaf です。

堂々と引退宣言をしておいて、やっぱり公開しますとか言うのは、
かなり気恥ずかしさもあり、相当悩んだのですが、
人と話したり、動画を見たりしているうちに、色々と考えるに至り、
紆余曲折をえましたが、一部の B style キャラのみ公開することにしました。
(尚、以前に行った引退の挨拶は残してありますが、トップ付近にあると新しい記事の閲覧の妨げになるかなと判断し、
挨拶を行った日付に移動しました。)

ネタ要素が強く、原作のイメージからはかなり離れたキャラとなるため、
どうしても受け入れられない方がいらっしゃるのは理解していますが、
B style キャラに関しては、月華とは別のベクトルの「B style」のキャラとして認知されており、
これはこれとして支持していただける方もある程度おられる事や、
新しい B style キャラを望む声も時々ありますので、
過去に私がマスターなどを公開しているキャラに関してのみ、限定的に B style キャラを公開しようかと思います。
(それ以外のキャラに関しては、当面は公開する予定はありません。)

もともと、自分や仲間内で操作して楽しむために作っていましたので、
過去に公開しているキャラ以外には基本的にちゃんとしたAIがない状態でした。
そこで、公開にあたり久々にAIを作りました、が・・・AI作成はやっぱり難しいですね^^;
あと、人操作を前提として作成した難易度の高い技も、AIなら簡単に使いこなせてしまうので、
その辺も悩みながら、久々にAIを作成してみました。
こんなので良いのかなぁと不安はいっぱいですが、一番要望の多かった楓から公開してみることにします。

繰り返しますが、B style はネタキャラです。
ネタをネタとして楽しんでいただければ幸です。
不快な方はどうぞ避けて頂ければと思います。

必要な方は←のリンクの「私のキャラの公開場所」をクリックしていただいた先の yahoo Box で公開中です。

キャラの詳細については別エントリーに記載してありますので、ご参照ください。

多分大きなバグなどはないと思いますが、もしバグっぽいところを見つけられたり、
キャラに対するご意見などがありましたら、
記事にコメントしていただくか、メールをして頂ければと思います。
相変わらずの拙作ではありますが、一人でも楽しんで使って頂ける方がいれば嬉しいです。



キャラの更新について

・ B style 全キャラの更新をしました(最終更新日2018/4/7)

・十三 B style のバグ修正をしました(最終更新日2017/8/14)

・十三 B style を更新しました(最終更新日2017/8/2)

・十三 B style を公開しました(最終更新日2017/7/15)

・B style 全キャラとマスター十三を更新しました(最終更新日2017/7/15)

・小次郎と十三のドットと演出を更新しました(最終更新日2017/4/18)

・マスター版全キャラを更新しました(最終更新日2017/4/9)

・B style 全キャラのバグ修正を行ないました(最終更新日2017/4/2)

・B style 全キャラに大きな更新を行ないました(最終更新日2017/3/19)
・小次郎と十三は通常版とマスター版にもごく僅かな修正をしました

・B style 全キャラ及び一部キャラのバグ修正をしました(最終更新日2017/2/4)

・B style 全キャラを更新しました(最終更新日2017/1/28)

・B style 全キャラのバグを更新しました(最終更新日2016/7/27)

・マスター全キャラのバグを更新しました(最終更新日2016/7/26)

・B style 全キャラのバグを更新しました(最終更新日2016/7/4)

・B style 全キャラを新仕様に大幅更新しました(最終更新日2016/6/25)
全キャラにあった小さなバグを修正しました(最終更新日2016/6/25)
・詳細はブログ記事を参照ください。

・マスター楓と楓 B style の一部にバグがあったので更新しました(最終更新日2016/5/9)

・通常版とマスター版を全キャラ新仕様に大幅更新しました(最終更新日2016/5/6)
・詳細はブログ記事を参照ください。

・通常版とマスター版の十三を大幅更新しました(最終更新日2016/4/19)
・詳細はブログ記事を参照ください。

・全キャラバグを更新しました(最終更新日2016/2/3)
・全キャラ・・・AI自動起動設定が開幕特殊イントロ時に働かない事がある不具合
・十三、マスター十三…AI自動起動設定が働いていなかった不具合
・マスター十三…ゲージ自動増加速度が異常値になる不具合
・マスター鷲塚…剣質技でも虚空殺・弱のみAIが昇華できた不具合 (B-styleに関しては問題ありません)

・マスター版とB style版の全キャラにゲージとライフの自動増加量の設定項目を追加しました(最終更新日2016/1/31)

・守矢と小次郎の B style版のAIを微更新しました(最終更新日2016/1/31)

・全キャラAI常時起動設定と空対地の弾き判定の調整を行ない更新しました。
(最終更新日2016/1/11)



・鷲塚のマスター版とB style 版の更新(最終更新日2015/11/15)
(2015/11/08のあと、2015/11/15に追加で微更新を行なっています。)

鷲塚は小次郎との演出の追加に加えて、一部AIの更新がされています。
具体的には、画面端で深めに当たった時に、虚空殺で本来つなぐべき所を使用せずに連続技を中断していたので、
そこで連続技を中断しないようにしてあります。

B style に関しては、虚空殺から最終奥義のつなぎのタイミングが微調整されているのと、お手玉の使用設定方法に変更があります。

以前はお手だまコンボは使用するかしないかのどちらかしか選択できませんでしたが、
お手玉以外の乱舞も含めた1コンボでのお手玉使用回数を設定する形に変更されています。
このため、お手玉は1回程度は使用させたいけど、お手玉のみで完走して欲しくないという時などの調整が可能となっています。

・守矢のマスター版とB style 版の更新(最終更新日2015/11/15)
マスターとBstyle共通の大きな変更点は、特殊イントロで剣質バグがおきることがあったことの修正。
(これは長い間放置していてすいませんでしたm(_ _)m)

AIに関してはマスターには大きな変化はありませんが、Bstyleに関してはその他のBstyleキャラのようにお手玉関係の設定を可能にしています。
以前は投げの後と剣質技の3乱舞目にのみ1回だけお手玉させていましたが、
お手玉の回数を設定できるようになったため、設定次第ではお手玉のみで13画貯めて最終奥義すら可能になっています。
(デフォ設定はお手玉回数1なので、以前と大きな変化はありません。)

守矢に関しては大きなバグ関係の修正も含んでいますので、出来れば更新しておいてほしいと思います。

・楓マスター版の更新(最終更新日2015/10/24)
B style の作成中にキャラのパレットや新しく龍の文字を作り直したりしたので、楓のマスター版も一応画像が更新されています(性能的やAI的には大きな変化はありません)。

・小次郎マスター版の更新(最終更新日2015/11/08)
小次郎 B style の公開にあわせて、マスター版の小次郎も演出面のみ微調整しました。性能的にはほぼ変化はないです。



○ここから先には現在公開しているキャラの詳細や設定方法などについて追加説明を記載しています。
長文ではありますが、出来れば御一読頂けるとうれしいです。

...続きを読む
  1. 2037/01/01(木) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご一読ください(再公開開始しました)

超絶ご無沙汰しております。一応生きてました。

このたび、ヤフブリのサービス終了に伴い公開停止としていたキャラの再公開を行うことにしました。

もうこのまま公開停止にしておこうかなと思っていましたが、
故あって、再公開と致します。
(ただし、一切の更新は行いませんし、5年前停止となったそのままの状態です。)
→いろいろ紆余曲折を得ましたが、更新や新キャラ公開も開始となりました。


再公開にいたった理由は大きく3つです。

1.今でも時々再公開希望が届くこと
2.無断転載が確認されていること
3.私のよりもずっとちゃんとした原作仕様の月華キャラが作成されていること


正直なところ、インパクトのあるアレンジやAIの弾きにて、短期的に月華の知名度をあげたものの、
結果的に間違った形で月華を広めてしまったことに、いまだに後悔の念があり、
このまま自然にフェードアウトしていければと考えていました。
いまだに時々再公開の希望はあったのですが、
申し訳ないとは思いつつも、そういう訳で再公開する気にはならなかったのです。

そんな中、一部ロダに無断転載されていると連絡がありまして、
転載先からダウンロードされ、どうせ流布し続けるくらいなら、
こちらから落としてもらえれば、その中の何人かにはブログを読んでもらえるかもしれず、
どういう考えで作られたキャラかを知ってもらえる機会になればなと考えました。
(ダウンロードついでにブログの中身まで読む人は実際には少数だと思いますが、転載先からだと機会がないので。)

そして一番大きな再公開の理由が、この数年できちんとした原作仕様のキャラが公開されていた事にあります。
実際に使用させていただきましたが、とても良く出来ていると思います。
私のキャラが主として用いられる月華キャラである間は、
再公開を行うことで、間違ったイメージを与え続けることになるのではないかと危惧していましたが、
より原作のイメージに近いキャラが出てしばらくたった今ならば、
私のはあくまで「原作風」のMUGEN様アレンジキャラだという立ち位置でなら、
再公開してもいいかなと考えた次第です。
(再公開に対してどのような思いであったか、詳細に書くと長いので最後の雑記に詳細は記載しておきます。)

そんなわけで再公開させていただきます。
必要な方は←のリンクの「私のキャラの公開場所」をクリックしていただいた先の yahoo Box で公開中です。

公開キャラ一覧 全13名 (現在全員 月華キャラ)

楓(非覚醒)/ マスター楓(非覚醒)/ 楓(非覚醒) B style
御名方守矢 / マスター守矢 / 守矢 B style
鷲塚慶一郎 / マスター鷲塚 / 鷲塚 B style
神崎十三  / マスター十三 / 十三 B style
真田小次郎 / マスター小次郎 / 小次郎 B style


  1. 2030/01/01(火) 00:00:00|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:28

B style キャラを更新しました

新年度が始まりましたね。
最近は寒暖差が大きく、身体に堪えますね。
皆様、如何お過ごしでしょうか。

今回は久々に B style キャラの更新をさせて頂きました。
メインは十三の更新で、その他のキャラに関しては若干更新されている程度です。

十三に関しては、「ぶんナゲ」からの追撃と一撃のルーチンを変更しました。
基本的には今まで通り一撃は溜まったら即撃つスタイルですが、
「ぶんナゲ」からのバッティング時に関してのみ、
普通にバッティングしたら倒せるほど相手の残り体力が少ない時は、
最終ラウンド以外は普通にバッティングをして倒しにいくようにしました。

また、相手の残り体力がわずかな場合は、
カウント強震率に関係なく「ぶんナゲ」から見逃しをせずに積極的にバッティングをするようにしました。
これはホームラン狙いでなくても倒せる体力(ヒットでもサヨナラになる状況)なら、
積極策でヒットを狙いにいくだろう、という野球的判断も加味しています。

また、全キャラ気になる点を少しだけ手直ししていますが、
十三以外はほとんど違いに気がつかないレベルの微更新です。

お気づきの方は、更新宜しくお願いいたします。

  1. 2018/04/07(土) 23:22:47|
  2. MUGENキャラリリース情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい動画の話

こんにちは。

最近は日々の寒暖差が激しく、身体に堪えますね。
皆様は如何お過ごしでしょうか。

前回の B style キャラの説明の補足というわけではないですが、
一つ追記する点として、AIの一撃使用に関してです。

皆さん動画を見て感じておられる方も多いと思いますが、
基本的に私のキャラは一撃の使用を我慢せずに、溜まったらガンガン即打ちさせています。

理由はそのほうがいろんな理由で「面白いから」です。
状況に合わせて、使用させたほうが勿論強くはなりますが、
AI戦はみて楽しむためのものですので、単純な強さより「面白さ」を優先しています。

ちなみにですが、一ラウンド目のみは少し自重させるようにしてありますが、
二ラウンド目以降は、さすがに普通にちょっと追撃したら決められる時だけ自重することもありますが、
それ以外はガンガン打たせています。
なので、時々我慢してクレバーな試合運びをしたりもしていますが、
十三だけは例外で、いついかなるときも必ず溜まれば即打ちさせています。
理由は十三はいうまでもなく「ネタ」よりのキャラであるため、より「面白さ」を優先しているからです。

結果的に、十三は一撃関係のAIが他キャラより弱くなっていますが、これは仕方ないですね(^_^;)



それでは、今日の本題に。
今日は動画の紹介をさせて頂きます。



【MUGEN】狂²_クレイジーダブルスバトル

この動画はペア形式でのランセレ大会で、ランクは狂下位のやや上よりになります。

各ペアはそれぞれ対戦相手と1戦づつ戦う非勝ち抜き方式の2on2で、
ペア2人の個人戦績の合計がペアの戦績となり、
合計6勝で勝ち抜け、5敗で敗退を基本とし、
勝ち抜け組は20組勝ち抜けになる毎にランセレに戻し、
3組脱落する毎に、脱落者からランセレで2名選び敗者復活を行います。
最後に残ったチームが優勝になります。

動画主のレッドラムさんは、「学級連合サバイバル」という大会を以前に投稿されていた方で、
難解な特殊ルールのチーム戦の大会を見事完走しておられ、
前回の大会も最後まで面白く拝見させて頂きました。
今回の大会もとても楽しみです。



[MUGEN] 本気の剣帝の一撃ランセレバトル! 【劍帝杯】

この動画はGameBookLIFEさんが投稿されているシングルランセレの大会で、
ランクは狂中位のど真ん中になると思います。

剣を使って戦うキャラを集めた動画で、
大会の雰囲気やキャラ選が私の好みに合っていますので、楽しみです。

前大会はデータ消失により無念の中断となられたようですが、
今回は無事最後まで完走出来るよう、陰ながら応援しています。



【MUGEN】想起せよ!筐体クラッシュシングルランセレバトル

この動画はシングルランセレの大会で、ランクは狂下位~狂中位の下限です。
タイトルからも想像できるように、リュウ氏の「筐体クラッシャーズ」リスペクト大会で、
「筐体クラッシャーズ2」と大会のルールやランクは同じになります。

投稿者のamaryllisさんは今回が初投稿の方のようですので、
何かと大変だとは思いますが、あせらずマイペースで頑張って欲しいと思います。
無事大会が完走できることをお祈りしています。

  1. 2018/03/18(日) 08:29:46|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

B style キャラの特徴(長所・短所)について

お久しぶりです。
最近忙しくて、あまり時間がなかったので放置気味ですいません。

今日はコメントで B style 各キャラの特徴を教えて欲しいという質問がありましたので、
それにお応えしようと思います。

各種 B style キャラの特徴のまとめ
*全て”狂ランク基準として”の話ですので、凶中位以下のキャラと比べるとなら全て高性能です

○全員に共通する特徴
・ゲージがある時の連続技性能が高い
・当て身技(弾き)や投げ技からも高威力の連続技が使用可能
・移動技の性能が高い
・信頼のおける攻撃用の無敵技がない(攻撃判定の出る技で長い無敵があるのはガーキャンのみ)
・単発で高威力の技が少なく、火力は連続技に依存
・ほとんど全ての技に空振り後に反撃可能な隙がある
・全画面攻撃のような広範囲攻撃技がない
・一撃技を使用するには複数回攻撃を当てて画数を溜める必要がある
・防御性能(くらい抜け、ダメキャン、一撃耐性など)が脆弱

これらの特徴は、私の B style キャラのポリシーである、
「格ゲー初心者が適当に操作して暴れても強くならない」という基本コンセプトにあり、
闇雲に暴れるのでは無く、格ゲーの作法を守って、しっかり避けて的確に攻撃を当て、
状態にあわせた適切な連続技をチョイスして戦って欲しいと考えているからです。

そのため、狂ランクでのAI戦をするためには、
判定面や無敵面、技後の隙の問題から自分から技を先出しすることは難しく、
基本的な戦術として、移動技で相手の隙を誘発して、
出来た隙に連続技を決めるスタイルでの戦闘が必須となってしまっています。

攻撃性能は連続技性能に依存しているため、アーマーキャラや極端に食らい抜けを連発するキャラなど、
連続技の入らない相手は基本的に苦手です。

また、攻撃判定が一般的な格ゲーを強化した程度ですので、
高空にずっといる飛翔型もしくは非常に低い位置にしか判定ののないちびキャラなど、
攻撃がそもそも当たらないタイプも苦手です。

ただし、追加無敵設定を1以上に設定すれば、ある程度弱点を補うことが出来るようになるため、
ガチの狂中位より上のランクでは追加無敵1か2に設定した上でバランスを取る方が無難かなと思います。
そうでなければ、ガチの狂中位より上では勝ち負けがハッキリした極端な相性をつける事になりやすいです。


全キャラ共通の特徴に加えて、各キャラ毎の特徴もまとめておきます。

○楓

・長所
覚醒状態となることで、体力自動減少のデメリットを負う変わりに、
抜け技を使用したり、真龍剣の解禁や潜在蒼龍の性能を強化できる。
特に B style キャラでただ一人抜け技を使用可能となるメリットが大きく、
真龍剣でいろんな状況から一発逆転を狙えるのも大きい。

・短所
移動技が十三についで低性能(前移動のみ、途中キャンセル不可)なため、隙をつく能力は低い。
対空技の性能は B style キャラの中では最低(技後の隙がとても大きく、判定が小さい)。
連続技は投げからの乱舞奥義での追撃が安定しにくい欠点を持つ。
覚醒時の自動体力減少や真龍剣の自爆など、自分に不利に働く特性あり。

・総評
基本性能は B style キャラの中では低めで、立ち回りで優位に立てないことも多いが、
抜け技があり、一発逆転技もあるため、粘り強さや意外性がある(自爆含め)。


○守矢

・長所
移動技の性能が最も高い(動作時間が短く、後ろ・敵の前・敵の後の3ヶ所から選択してワープ)
地上コンボ性能が最も高い
地上通常技をガードさせてからの選択肢が豊富

・短所
対空技の性能は悪くないが、対空技からのリターンが B style キャラの中では最も低い。
AI的に他のキャラより積極的に通常技で牽制するため、カウンターをもらいやすい。

・総評
地上戦での基本性能は全キャラ最高で、立ち回りで優位に立ちやすい。
反面、空中戦が得意な相手は苦手としやすい。
また、AI的に他のキャラより積極的に牽制を振るため、待ちでカウンターを取られやすい。


○鷲塚

・長所
移動技の性能が守矢に次いで高い(動作時間は普通だが、後ろ・敵の前・敵の後の3ヶ所から選択してワープ)
対空技からのリターンが最も高い
潜在技(最終狼牙)のダメージが高めに設定されている

・短所
潜在技から一撃技に派生するルートが存在しない
中段技に乏しく、ガードを揺さぶる能力が低い

・総評
地上戦での立ち回りは守矢についで安定しており、対空からのリターンも優秀でバランスが良い。
潜在から一撃につなげないので、潜在で画数が溜まりきる場合に一撃で仕留めきれない弱点はあるが、
中段技が弱い点はAI戦では弱点にはなりにくいので、弱点は少なく、
総じてAI戦では戦績を残しやすい。


○小次郎

・長所
鷲塚ゲージを活かした切り返しや崩し、連続技が使用可能
特にくらい中にだす鷲塚アシストでカットできる可能性があるのがとても大きい
移動技はダッシュ式で前移動のみだが、必殺技や弾きでキャンセル可能なため移動後の選択枝が豊富

・短所
鷲塚ゲージがない状態での連続技性能は全キャラ最低
地上通常技の性能が同タイプの鷲塚と比べ低いものが多い
潜在技から一撃技に派生するルートが存在しない

・総評
基本性能は劣化鷲塚。鷲塚ゲージを封印した状態での性能は全キャラで一番低い。
ただし、鷲塚ゲージを用いたアシストの性能がとても優秀なので、
鷲塚ゲージ関連の設定次第で強さが大きく変化し、設定次第では B style キャラの中で最強となる。


○十三

・長所
全キャラで一番素の体力と防御力が高い
クリーンヒットさえすれば単発で大ダメージの出せるホームラン技
難易度は高めだが、画数を用いた一撃技以外にも一撃仕様の技を持つ
最も広い投げ間合いを持つ

・短所
移動技の性能が低い(前方向へのダッシュ式で、画面端付近だと唯一裏回りが出来ず、動作時間も長い)
打撃技のみの連続技の性能が低く、投げへの依存度が高い
ホームラン技はタイミングがシビアで、クリーンヒットしなければ低ダメージ、
さらに空振りだと隙をさらすだけでなく、三振で自分が死亡するリスクもある
その他にも自爆要素あり

・総評
投げられる相手には強く、投げられない相手は苦手。
ホームラン技の博打性能が高く、一発はあるが安定感は乏しい。
強い弱いとかではなく、演出面を含めいろんな意味でネタを提供してくれるキャラ。
(ただ、このキャラの本当の面白さは自分で操作して遊んだ時にあると思います。)


大体、キャラの特徴はこんな感じですので、参考にして下さい。

  1. 2018/03/14(水) 23:12:47|
  2. MUGEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ